Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャン・ダルトワ(Jean d'Artois, 1321年8月29日 - 1387年4月6日)は、中世フランスの貴族、ウー伯(1351年 - 1387年)。「領地の無いジャン」を意味するジャン・サン・テール(Jean Sans-Terre)の呼び名で知られた。ボーモン・ル・ロジェ伯ロベール3世・ダルトワとその妻でフィリップ6世王の異母妹にあたるジャンヌ・ド・ヴァロワの間の次男。1331年、父がアルトワ伯領の相続問題に関連して文書偽造罪で告発され、所領を没収されたため、相続すべき資産を残してもらえなかった。1352年、従兄のジャン2世王によりウー伯に封ぜられた。ウー伯爵領はジャン2世王に処刑されたラウル2世・ド・ブリエンヌから没収されたものであった。1356年のポワティエの戦いで負傷し、ジャン2世王とともにイングランド軍の捕虜となっている。1352年7月11日、ドルー伯ピエール1世の未亡人イザベル・ド・ムラン(1328年 - 1389年)と結婚し、間に6人の子女をもうけた。ジャンヌ(1353年 - 1420年) - ドルー伯シモン・ド・トゥアールと結婚ジャン(1355年 - 1363年)ロベール4世(1356年 -1387年) - ウー伯フィリップ(1358年 - 1397年) - ウー伯シャルル(1359年 - 1368年)イザボー(1361年 - 1379年)↑ ↑ ↑
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2666466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1503 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57664659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジャン・ダルトワ(Jean d'Artois, 1321年8月29日 - 1387年4月6日)は、中世フランスの貴族、ウー伯(1351年 - 1387年)。「領地の無いジャン」を意味するジャン・サン・テール(Jean Sans-Terre)の呼び名で知られた。ボーモン・ル・ロジェ伯ロベール3世・ダルトワとその妻でフィリップ6世王の異母妹にあたるジャンヌ・ド・ヴァロワの間の次男。1331年、父がアルトワ伯領の相続問題に関連して文書偽造罪で告発され、所領を没収されたため、相続すべき資産を残してもらえなかった。1352年、従兄のジャン2世王によりウー伯に封ぜられた。ウー伯爵領はジャン2世王に処刑されたラウル2世・ド・ブリエンヌから没収されたものであった。1356年のポワティエの戦いで負傷し、ジャン2世王とともにイングランド軍の捕虜となっている。1352年7月11日、ドルー伯ピエール1世の未亡人イザベル・ド・ムラン(1328年 - 1389年)と結婚し、間に6人の子女をもうけた。ジャンヌ(1353年 - 1420年) - ドルー伯シモン・ド・トゥアールと結婚ジャン(1355年 - 1363年)ロベール4世(1356年 -1387年) - ウー伯フィリップ(1358年 - 1397年) - ウー伯シャルル(1359年 - 1368年)イザボー(1361年 - 1379年)↑ ↑ ↑
rdfs:label
  • ジャン・ダルトワ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of