Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャック・クレーマー(英語:Jack Kramer, 1921年8月1日 - 2009年9月12日)は、アメリカ合衆国・ネバダ州ラスベガス出身の元男子テニス選手である。本名はジョン・アルバート・クレーマー(英語:John Albert Keamer)といい、“Jake”(ジェイク)という愛称で親しまれた。第2次世界大戦をまたぐ激動期にアマチュアテニス選手として活動し、現在でいう四大国際大会の男子シングルス部門で3回・男子ダブルス部門で6回・混合ダブルス部門で1回の優勝を挙げる活躍を魅せた。後に1947年にプロテニス選手に転向。彼はサーブを打って素早くネット際に詰める「サーブ・アンド・ボレー」を貫き、相手のサーブに対するリターンの後も素早くネット際に詰めて攻撃をする「チップ・アンド・チャージ」を仕掛ける程、ネットプレーを好んだ。配球に様々な工夫を凝らし、常に頭を使って相手を支配するスタイルであった自身のテニスについて、彼は著書に「確率」「パーセンテージ」などの語を多用しており、現在では「確率のテニス」の源流を作った第一人者として彼の名が挙がる。また、選手としてだけに留まらず、彼の活動は多岐に渡る。1968年にテニス界のオープン化処置に関わり、後にプロテニスツアーの興行会長(プロモーター)となって1972年に発足した男子プロテニス協会(通称:ATP)の初代責任者に就任するなど、プロテニスの運営活動で顕著な業績を残しており、テレビ解説者としての活動も幅広い分野を手がけてきたテニス史における重要人物として欠く事の出来ない存在である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1682515 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50782416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • ジャック・クレーマー 獲得タイトル
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 優勝(1947)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 優勝(1946・47)
prop-ja:シングルス最高
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:フルネーム(英語名)_
  • John Albert Kramer
prop-ja:優勝回数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全米オープン
  • 優勝(1946・47)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 優勝(1940・41・43・47)
prop-ja:全米オープン混合ダブルス
  • 優勝(1941)
prop-ja:写真
  • Jack Kramer.jpg
prop-ja:写真のコメント
  • ジャック・クレーマー
prop-ja:写真サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・ネバダ州ラスベガス
prop-ja:利き手
prop-ja:愛称
  • Jake (ジェイク)
prop-ja:死没地
  • 同・カリフォルニア州ロサンゼルス
prop-ja:没年日
  • 2009-09-12 (xsd:date)
prop-ja:混合ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1921-08-01 (xsd:date)
prop-ja:選手名(日本語)_
  • ジャック・クレーマー
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジャック・クレーマー(英語:Jack Kramer, 1921年8月1日 - 2009年9月12日)は、アメリカ合衆国・ネバダ州ラスベガス出身の元男子テニス選手である。本名はジョン・アルバート・クレーマー(英語:John Albert Keamer)といい、“Jake”(ジェイク)という愛称で親しまれた。第2次世界大戦をまたぐ激動期にアマチュアテニス選手として活動し、現在でいう四大国際大会の男子シングルス部門で3回・男子ダブルス部門で6回・混合ダブルス部門で1回の優勝を挙げる活躍を魅せた。後に1947年にプロテニス選手に転向。彼はサーブを打って素早くネット際に詰める「サーブ・アンド・ボレー」を貫き、相手のサーブに対するリターンの後も素早くネット際に詰めて攻撃をする「チップ・アンド・チャージ」を仕掛ける程、ネットプレーを好んだ。配球に様々な工夫を凝らし、常に頭を使って相手を支配するスタイルであった自身のテニスについて、彼は著書に「確率」「パーセンテージ」などの語を多用しており、現在では「確率のテニス」の源流を作った第一人者として彼の名が挙がる。また、選手としてだけに留まらず、彼の活動は多岐に渡る。1968年にテニス界のオープン化処置に関わり、後にプロテニスツアーの興行会長(プロモーター)となって1972年に発足した男子プロテニス協会(通称:ATP)の初代責任者に就任するなど、プロテニスの運営活動で顕著な業績を残しており、テレビ解説者としての活動も幅広い分野を手がけてきたテニス史における重要人物として欠く事の出来ない存在である。
rdfs:label
  • ジャック・クレーマー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of