Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジメチルグリシン(Dimethylglycine)は、化学式(CH3)2NCH2COOHのグリシンの誘導体である。マメや肝臓で見られる。トリメチルグリシンが1つのメチル基を失うことによって形成される。また、コリンの代謝の副産物でもある。ジメチルグリシンが最初に発見された時にはビタミンB16と呼ばれたが、実際のビタミンB群とは異なり、食物からジメチルグリシンを得られなくても病気にはならない。これはヒトの体内でもクエン酸回路で合成されるためで、ビタミンの定義には当てはまらない。
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 2-(Dimethylamino)acetic acid
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3124092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4573 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54175995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Dimethylglycine.svg
prop-ja:imagename
  • Skeletal formula of dimethylglycine
prop-ja:imagesize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • N,N-Dimethylglycine
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 443693225 (xsd:integer)
prop-ja:watchedfields
  • changed
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジメチルグリシン(Dimethylglycine)は、化学式(CH3)2NCH2COOHのグリシンの誘導体である。マメや肝臓で見られる。トリメチルグリシンが1つのメチル基を失うことによって形成される。また、コリンの代謝の副産物でもある。ジメチルグリシンが最初に発見された時にはビタミンB16と呼ばれたが、実際のビタミンB群とは異なり、食物からジメチルグリシンを得られなくても病気にはならない。これはヒトの体内でもクエン酸回路で合成されるためで、ビタミンの定義には当てはまらない。
rdfs:label
  • ジメチルグリシン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • N,N-Dimethylglycine
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of