Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジクワット (diquat) はビピリジニウム系に分類される非選択形除草剤の1つ。イギリスのプラント・プロテクション社が開発した。除草剤としての利用のほか、ジャガイモの収穫前の蔓枯らしにも使われることがある。原体がイギリスから輸入されて製剤化されている。英語読みにより、ダイコートと発音することもある。臭素塩であるためジクワットジブロミドとも呼ばれる。土壌に付着すると直ちに活性を失い、木や根は枯らさないため、すぐに種をまいたり作物を植えることができる。パラコートと同じくアルキルビピリジニウム塩に分類される。化合物としての名称は 1,1'-エチレン-2,2'-ビピリジニウムジブロミドである。
dbpedia-owl:imageSize
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 6,7-ジヒドロジピリド[1,2-a:2',1'-c]ピラジンジイウムブロミド
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 355375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56310672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagealt
  • 構造式
prop-ja:imagefile
  • Diquat Structural Formula V1.svg
prop-ja:imagesize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 120.0
prop-ja:othernames
  • 11 (xsd:integer)
  • ジクワットジブロミド
  • ダイコート
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジクワット (diquat) はビピリジニウム系に分類される非選択形除草剤の1つ。イギリスのプラント・プロテクション社が開発した。除草剤としての利用のほか、ジャガイモの収穫前の蔓枯らしにも使われることがある。原体がイギリスから輸入されて製剤化されている。英語読みにより、ダイコートと発音することもある。臭素塩であるためジクワットジブロミドとも呼ばれる。土壌に付着すると直ちに活性を失い、木や根は枯らさないため、すぐに種をまいたり作物を植えることができる。パラコートと同じくアルキルビピリジニウム塩に分類される。化合物としての名称は 1,1'-エチレン-2,2'-ビピリジニウムジブロミドである。
rdfs:label
  • ジクワット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジクワットジブロミド
  • ダイコート
  • 1,1'-エチレン-2,2'-ビピリジニウムジブロミド
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of