Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジオング(ZEONG)は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出は1979年のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。人型機動兵器「モビルスーツ」の1機種。ジオン公国軍が開発した試作機で、一年戦争中に開発された最終型のMSという位置づけにある。特殊な素養を持つ「ニュータイプ」パイロットに対応した操縦および火器管制システム「サイコミュ」を標準装備している。劇中ではまだ両脚のない未完成状態で、脚の代替として大型の推進器を内蔵していた。劇中未登場である完成状態は「パーフェクト・ジオング」とも呼ばれ、脚を含む全高は通常のMS(18メートル程度)の倍以上ある38メートルにも達する。『機動戦士ガンダム』の終盤において、ジオン軍大佐「シャア・アズナブル」の最後の乗機として登場し、主人公「アムロ・レイ」が搭乗する「ガンダム」と死闘を繰り広げる。初めてジオングを見たシャアが脚のないことを指摘した際に現場の整備兵が返した台詞は有名。メカニックデザインは大河原邦男。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 54033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 78 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59073056 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:センサー
  • 81,000m
prop-ja:全備重量
  • 231.900000 (xsd:double)
prop-ja:全高
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:出典の明記
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:出力
  • 9400 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • ZEONG
  • ジオング
prop-ja:型式番号
  • MSN-02
prop-ja:推力
  • 187000.0
prop-ja:搭乗者
prop-ja:最大速度
  • 航宙速度:マッハ9
prop-ja:武装
  • 有線制御式5連装メガ粒子砲×2
  • 腰部メガ粒子砲×2
  • 頭部メガ粒子砲×1
prop-ja:独自研究
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:装甲
  • 超硬スチール合金
prop-ja:重量
  • 151.2
prop-ja:頭頂高
  • 17.3m
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジオング(ZEONG)は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出は1979年のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。人型機動兵器「モビルスーツ」の1機種。ジオン公国軍が開発した試作機で、一年戦争中に開発された最終型のMSという位置づけにある。特殊な素養を持つ「ニュータイプ」パイロットに対応した操縦および火器管制システム「サイコミュ」を標準装備している。劇中ではまだ両脚のない未完成状態で、脚の代替として大型の推進器を内蔵していた。劇中未登場である完成状態は「パーフェクト・ジオング」とも呼ばれ、脚を含む全高は通常のMS(18メートル程度)の倍以上ある38メートルにも達する。『機動戦士ガンダム』の終盤において、ジオン軍大佐「シャア・アズナブル」の最後の乗機として登場し、主人公「アムロ・レイ」が搭乗する「ガンダム」と死闘を繰り広げる。初めてジオングを見たシャアが脚のないことを指摘した際に現場の整備兵が返した台詞は有名。メカニックデザインは大河原邦男。
rdfs:label
  • ジオング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of