ジェームズ6世(James VI)およびジェームズ1世(James I)、チャールズ・ジェームズ・ステュアート(Charles James Stuart, 1566年6月19日 - 1625年3月27日)は、スコットランド、イングランド、アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ6世(在位:1567年7月29日 - 1625年3月27日)であり、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ1世(在位:1603年7月25日 - 1625年3月27日)である。非公式にはグレートブリテン王の称号も用いた。スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。 イングランドとスコットランドが初めて同君主となった国王であり、また各国との協調政策に尽力し「平和王」とも言われている。また、この後ヨーロッパで広がる「王権神授説」の基礎を作る。ただ、国王と夫人の出費から財政的には逼迫させ、議会と最終的には対立してしまう。

Property Value
dbo:abstract
  • ジェームズ6世(James VI)およびジェームズ1世(James I)、チャールズ・ジェームズ・ステュアート(Charles James Stuart, 1566年6月19日 - 1625年3月27日)は、スコットランド、イングランド、アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ6世(在位:1567年7月29日 - 1625年3月27日)であり、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ1世(在位:1603年7月25日 - 1625年3月27日)である。非公式にはグレートブリテン王の称号も用いた。スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。 イングランドとスコットランドが初めて同君主となった国王であり、また各国との協調政策に尽力し「平和王」とも言われている。また、この後ヨーロッパで広がる「王権神授説」の基礎を作る。ただ、国王と夫人の出費から財政的には逼迫させ、議会と最終的には対立してしまう。 (ja)
  • ジェームズ6世(James VI)およびジェームズ1世(James I)、チャールズ・ジェームズ・ステュアート(Charles James Stuart, 1566年6月19日 - 1625年3月27日)は、スコットランド、イングランド、アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ6世(在位:1567年7月29日 - 1625年3月27日)であり、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ1世(在位:1603年7月25日 - 1625年3月27日)である。非公式にはグレートブリテン王の称号も用いた。スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。 イングランドとスコットランドが初めて同君主となった国王であり、また各国との協調政策に尽力し「平和王」とも言われている。また、この後ヨーロッパで広がる「王権神授説」の基礎を作る。ただ、国王と夫人の出費から財政的には逼迫させ、議会と最終的には対立してしまう。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 22333 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22839 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80199430 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1567 (xsd:integer)
  • 1603 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • ジェームズ6世 / ジェームズ1世 (ja)
  • ジェームズ6世 / ジェームズ1世 (ja)
prop-ja:全名
  • チャールズ・ジェームズ・ステュアート (ja)
  • チャールズ・ジェームズ・ステュアート (ja)
prop-ja:出生日
  • --06-19
prop-ja:別号
  • アイルランド王 (ja)
  • グレートブリテン王(非公式) (ja)
  • アイルランド王 (ja)
  • グレートブリテン王(非公式) (ja)
prop-ja:各国語表記
  • James VI / James I (ja)
  • James VI / James I (ja)
prop-ja:君主号
  • スコットランド王 / イングランド王 (ja)
  • スコットランド王 / イングランド王 (ja)
prop-ja:在位
  • --07-24
prop-ja:埋葬地
  • 、ウェストミンスター寺院 (ja)
  • 、ウェストミンスター寺院 (ja)
prop-ja:埋葬日
  • --05-07
prop-ja:子女
prop-ja:戴冠日
  • --07-25
  • --07-29
prop-ja:死亡日
  • --03-27
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、シーアボールズ宮殿 (ja)
  • 、シーアボールズ宮殿 (ja)
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
  • 、エディンバラ城 (ja)
  • 、エディンバラ城 (ja)
prop-ja:画像
  • JamesIEngland.jpg (ja)
  • JamesIEngland.jpg (ja)
prop-ja:継承形式
  • 王太子 (ja)
  • 王太子 (ja)
prop-ja:継承者
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdfs:comment
  • ジェームズ6世(James VI)およびジェームズ1世(James I)、チャールズ・ジェームズ・ステュアート(Charles James Stuart, 1566年6月19日 - 1625年3月27日)は、スコットランド、イングランド、アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ6世(在位:1567年7月29日 - 1625年3月27日)であり、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ1世(在位:1603年7月25日 - 1625年3月27日)である。非公式にはグレートブリテン王の称号も用いた。スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。 イングランドとスコットランドが初めて同君主となった国王であり、また各国との協調政策に尽力し「平和王」とも言われている。また、この後ヨーロッパで広がる「王権神授説」の基礎を作る。ただ、国王と夫人の出費から財政的には逼迫させ、議会と最終的には対立してしまう。 (ja)
  • ジェームズ6世(James VI)およびジェームズ1世(James I)、チャールズ・ジェームズ・ステュアート(Charles James Stuart, 1566年6月19日 - 1625年3月27日)は、スコットランド、イングランド、アイルランドの王。スコットランド王としてはジェームズ6世(在位:1567年7月29日 - 1625年3月27日)であり、イングランド王・アイルランド王としてはジェームズ1世(在位:1603年7月25日 - 1625年3月27日)である。非公式にはグレートブリテン王の称号も用いた。スコットランド女王メアリーと2番目の夫であるダーンリー卿ヘンリー・ステュアートの一人息子である。 イングランドとスコットランドが初めて同君主となった国王であり、また各国との協調政策に尽力し「平和王」とも言われている。また、この後ヨーロッパで広がる「王権神授説」の基礎を作る。ただ、国王と夫人の出費から財政的には逼迫させ、議会と最終的には対立してしまう。 (ja)
rdfs:label
  • ジェームズ1世 (イングランド王) (ja)
  • ジェームズ1世 (イングランド王) (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:author of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:before of
is prop-ja:d of
is prop-ja:mmf名 of
is prop-ja:monarch of
is prop-ja:patrons of
is prop-ja: of
is prop-ja:元首 of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:画像説明 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of