Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェームズ・ワット ERS ERSE (英: James Watt FRS FRSE, 1736年1月19日 - 1819年8月25日)は、イギリスの発明家、機械技術者。トーマス・ニューコメンの蒸気機関(en)へ施した改良を通じてイギリスのみならず全世界の産業革命の進展に寄与した人物である。グラスゴー大学で計測器製作の仕事に従事していた頃、ワットは蒸気機関技術に興味を覚えた。そこで、当時の機関設計ではシリンダーが冷却と加熱を繰り返しているため熱量を大量に無駄にしてしまっている点に気づいた。彼は機関設計をし直し、凝縮器を分離することで熱量のロスを低減し、蒸気機関の出力、効率や費用対効果を著しく高めた。ワットはこの新しい蒸気機関の商品化を試みたが、1775年にマシュー・ボールトンという協力者を得るまでは資金面で大変苦労した。新会社ボールトン・アンド・ワット商会は最終的に大成功を収め、ワットは資産家になった。引退後もワットは発明を続けたが、蒸気機関ほど影響を及ぼすようなものは完成できなかった。彼は1819年、83歳で亡くなった。彼の栄誉を称え、国際単位系(SI)における仕事率の単位には「ワット」という名称がつけられた。
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1819-08-25 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:depictionDescription
  • 肖像:カール・フレデリック・フォン・ブレダ(en)画
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 52926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24827 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57286740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • --01-19
prop-ja:birthPlace
  • レンフルーシャー州 グリーノック
prop-ja:caption
  • 肖像:カール・フレデリック・フォン・ブレダ(en)画
prop-ja:deathDate
  • 1819-08-25 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • グレートブリテン及びアイルランド連合王国 バーミンガム ハンズワース(en)
prop-ja:fields
prop-ja:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • ジェームズ・ワット
prop-ja:religion
prop-ja:signature
  • James Watt Signature.svg
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジェームズ・ワット ERS ERSE (英: James Watt FRS FRSE, 1736年1月19日 - 1819年8月25日)は、イギリスの発明家、機械技術者。トーマス・ニューコメンの蒸気機関(en)へ施した改良を通じてイギリスのみならず全世界の産業革命の進展に寄与した人物である。グラスゴー大学で計測器製作の仕事に従事していた頃、ワットは蒸気機関技術に興味を覚えた。そこで、当時の機関設計ではシリンダーが冷却と加熱を繰り返しているため熱量を大量に無駄にしてしまっている点に気づいた。彼は機関設計をし直し、凝縮器を分離することで熱量のロスを低減し、蒸気機関の出力、効率や費用対効果を著しく高めた。ワットはこの新しい蒸気機関の商品化を試みたが、1775年にマシュー・ボールトンという協力者を得るまでは資金面で大変苦労した。新会社ボールトン・アンド・ワット商会は最終的に大成功を収め、ワットは資産家になった。引退後もワットは発明を続けたが、蒸気機関ほど影響を及ぼすようなものは完成できなかった。彼は1819年、83歳で亡くなった。彼の栄誉を称え、国際単位系(SI)における仕事率の単位には「ワット」という名称がつけられた。
rdfs:label
  • ジェームズ・ワット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジェームズ・ワット
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:語源 of
is foaf:primaryTopic of