Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェームズ・デューゼンベリー(James Stemble Duesenberry、1918年7月18日-2009年10月5日)は、ウェストバージニア州プリンストンで生まれたアメリカの経済学者。ハーバード大学教授であり、専門は貨幣および銀行論、マクロ経済学であった。歯止め(ラチェット)効果とデモンストレーション効果を基本とする相対所得仮説、金融的要因を重視する景気循環理論、アメリカの計量経済モデルの開発などの研究に尽力した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2509785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57963655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
prop-ja:color
  • darkorange
prop-ja:contributions
  • 所得と消費のケインジアン分析
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 2009-10-05 (xsd:date)
prop-ja:field
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:institution
prop-ja:name
  • ジェームズ・デューゼンベリー
prop-ja:opposed
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人2009年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジェームズ・デューゼンベリー(James Stemble Duesenberry、1918年7月18日-2009年10月5日)は、ウェストバージニア州プリンストンで生まれたアメリカの経済学者。ハーバード大学教授であり、専門は貨幣および銀行論、マクロ経済学であった。歯止め(ラチェット)効果とデモンストレーション効果を基本とする相対所得仮説、金融的要因を重視する景気循環理論、アメリカの計量経済モデルの開発などの研究に尽力した。
rdfs:label
  • ジェームズ・デューゼンベリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of