Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェローム・モロス(Jerome Moross、1913年8月1日 - 1983年7月27日)は、アメリカ合衆国の作曲家、指揮者。ニューヨーク出身。5歳でピアノを始め、8歳から作曲を始める。11歳で公立学校を卒業し、ニューヨーク大学の音楽科を卒業。そして劇場音楽の分野でピアノ奏者、作曲家として頭角をあらわす。1940年代からハリウッドで働き始め、1948年から1969年までに16本の映画音楽を手がけた。彼の最も良く知られている作品は1958年の『大いなる西部』で、アカデミー賞にノミネートされた。モロスによればアルバカーキの平原を歩いた後にテーマを作曲したということである。他の作品には1960年の『ハックルベリー・フィンの冒険』、1963年の『枢機卿』、1968年の『レーチェル レーチェル』などがある。またテレビシリーズの『幌馬車隊』の第3シーズンから第8シーズンのメインテーマを作曲し、多くの他の映像作品の指揮を務めた。また、「我等の町」(1940年、音楽はアーロン・コープランド)などの他者の映画音楽のオーケストレーションも多く担当した。クラシック作品には1948年10月18日にトーマス・ビーチャムの指揮で初演された交響曲、『フランキーとジョニー Frankie and Johnny』などの5曲のバレエ、2台のピアノのためのソナタ、弦楽四重奏曲などがある。1983年にマイアミで脳卒中に倒れ、心不全を併発して死去した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 723234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48329065 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジェローム・モロス(Jerome Moross、1913年8月1日 - 1983年7月27日)は、アメリカ合衆国の作曲家、指揮者。ニューヨーク出身。5歳でピアノを始め、8歳から作曲を始める。11歳で公立学校を卒業し、ニューヨーク大学の音楽科を卒業。そして劇場音楽の分野でピアノ奏者、作曲家として頭角をあらわす。1940年代からハリウッドで働き始め、1948年から1969年までに16本の映画音楽を手がけた。彼の最も良く知られている作品は1958年の『大いなる西部』で、アカデミー賞にノミネートされた。モロスによればアルバカーキの平原を歩いた後にテーマを作曲したということである。他の作品には1960年の『ハックルベリー・フィンの冒険』、1963年の『枢機卿』、1968年の『レーチェル レーチェル』などがある。またテレビシリーズの『幌馬車隊』の第3シーズンから第8シーズンのメインテーマを作曲し、多くの他の映像作品の指揮を務めた。また、「我等の町」(1940年、音楽はアーロン・コープランド)などの他者の映画音楽のオーケストレーションも多く担当した。クラシック作品には1948年10月18日にトーマス・ビーチャムの指揮で初演された交響曲、『フランキーとジョニー Frankie and Johnny』などの5曲のバレエ、2台のピアノのためのソナタ、弦楽四重奏曲などがある。1983年にマイアミで脳卒中に倒れ、心不全を併発して死去した。
rdfs:label
  • ジェローム・モロス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:musicComposer of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:音楽 of
is foaf:primaryTopic of