Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェロ・ビアフラ(Jello Biafra,本名:エリック・バウチャー(Eric Boucher) 1958年6月17日 - )は、アメリカ合衆国のミュージシャン、政治活動家。彼は1979年にデビューしたパンク・ロックバンド、デッド・ケネディーズのリード・ヴォーカルをつとめていた。バンド解散の後彼はソロ・アーティストとなり、詩の朗読活動を行う。政治活動では、彼はアメリカ緑の党の活発なメンバーであり、その進歩的な政治理念に基づく活動に参加している。彼は自称無政府主義者であり、政治的変革の名の下に市民の抵抗と悪ふざけを主張する。ビアフラは伝統的イッピーとして市民権、社会正義、反企業の主張にハイライトを当てるため、不条理なメディア戦術を使用することが知られている。またサンフランシスコの市長選挙に出馬したこともある。「ジェロ・ビアフラ」の名は、ゼリー菓子の登録商標である「Jell-O」と、1966年にナイジェリアからの独立を試みた「ビアフラ共和国」を組み合わせたものである。非栄養的で大量生産される企業食品と、大量飢餓を組み合わせた皮肉なコンビネーションである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 299135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1354 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57461223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジェロ・ビアフラ(Jello Biafra,本名:エリック・バウチャー(Eric Boucher) 1958年6月17日 - )は、アメリカ合衆国のミュージシャン、政治活動家。彼は1979年にデビューしたパンク・ロックバンド、デッド・ケネディーズのリード・ヴォーカルをつとめていた。バンド解散の後彼はソロ・アーティストとなり、詩の朗読活動を行う。政治活動では、彼はアメリカ緑の党の活発なメンバーであり、その進歩的な政治理念に基づく活動に参加している。彼は自称無政府主義者であり、政治的変革の名の下に市民の抵抗と悪ふざけを主張する。ビアフラは伝統的イッピーとして市民権、社会正義、反企業の主張にハイライトを当てるため、不条理なメディア戦術を使用することが知られている。またサンフランシスコの市長選挙に出馬したこともある。「ジェロ・ビアフラ」の名は、ゼリー菓子の登録商標である「Jell-O」と、1966年にナイジェリアからの独立を試みた「ビアフラ共和国」を組み合わせたものである。非栄養的で大量生産される企業食品と、大量飢餓を組み合わせた皮肉なコンビネーションである。
rdfs:label
  • ジェロ・ビアフラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of