Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェスロ・イグザム・サムナー(英: Jethro Exum Sumner、1733年頃 - 1785年3月18日頃)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の土地所有者、実業家であり、アメリカ独立戦争のときは大陸軍士官だった。バージニア植民地で生まれ、植民地軍の一員としてフレンチ・インディアン戦争でその軍歴が始まった。この戦争が終わった後、ノースカロライナ植民地ビュート郡に移転し、そこそこの土地を取得して、酒場を営業した。ビュート郡の保安官を務めたが、アメリカ独立戦争の勃発と共に声高な愛国者となり、ノースカロライナ植民地議会の議員に選出された。1776年、サムナーは大陸軍の部隊群であるノースカロライナ・ラインの第3連隊長に指名され、南部戦線とフィラデルフィア方面作戦に参加した。ノースカロライナ州出身で大陸軍の准将になった5人の1人であり、1779年から1783年までこの階級にあった。ストノフェリーの戦いやユートースプリングスの戦いで傑出した働きをしたが、健康問題が再発して事務的な役割を果たすことを強いられるか、ノースカロライナで快復に努めることを強いられることが多かった。ノースカロライナ出身者で大陸軍に務める者の数が劇的に減少したことに伴い、サムナーはノースカロライナ邦民兵隊の将軍となったが、メリーランド出身の大陸軍将軍ウィリアム・スモールウッドがノースカロライナ戦争委員会から民兵隊総指揮官に指名されたことに抗議して辞任した。1783年に独立戦争が終わると、シンシナティ協会のノースカロライナ支部設立に貢献し、その初代支部長になった。サムナーは広大な土地と35人の奴隷を所有していた。1785年に死んだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3271543 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 86 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56667013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthName
  • ジェスロ・イグザム・サムナー
prop-ja:branch
prop-ja:dateOfBirth
  • 1733 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • March 1785
prop-ja:name
  • Sumner, Jethro
prop-ja:placeOfBirth
  • Nansemond County, Virginia
prop-ja:placeOfDeath
  • Warren County, North Carolina
prop-ja:placeofburial
  • ギルフォード・コートハウス国定軍事公園
prop-ja:shortDescription
  • American general
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:各国語表記
  • Jethro Sumner
prop-ja:所属組織
prop-ja:最終階級
prop-ja:死没地
  • ノースカロライナ州ウォーレン郡
prop-ja:氏名
  • ジェスロ・サムナー
prop-ja:没年月日
prop-ja:生年月日
  • 1733 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
prop-ja:軍歴
  • 1758 (xsd:integer)
  • * フレンチ・インディアン戦争 ** デュケーヌ砦の戦い * アメリカ独立戦争: ** サリバン島の戦い ** ブランディワインの戦い ** ジャーマンタウンの戦い ** ストノフェリーの戦い ** ユートースプリングスの戦い
  • * ベッドフォード砦 * ノースカロライナ第3連隊
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジェスロ・イグザム・サムナー(英: Jethro Exum Sumner、1733年頃 - 1785年3月18日頃)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州の土地所有者、実業家であり、アメリカ独立戦争のときは大陸軍士官だった。バージニア植民地で生まれ、植民地軍の一員としてフレンチ・インディアン戦争でその軍歴が始まった。この戦争が終わった後、ノースカロライナ植民地ビュート郡に移転し、そこそこの土地を取得して、酒場を営業した。ビュート郡の保安官を務めたが、アメリカ独立戦争の勃発と共に声高な愛国者となり、ノースカロライナ植民地議会の議員に選出された。1776年、サムナーは大陸軍の部隊群であるノースカロライナ・ラインの第3連隊長に指名され、南部戦線とフィラデルフィア方面作戦に参加した。ノースカロライナ州出身で大陸軍の准将になった5人の1人であり、1779年から1783年までこの階級にあった。ストノフェリーの戦いやユートースプリングスの戦いで傑出した働きをしたが、健康問題が再発して事務的な役割を果たすことを強いられるか、ノースカロライナで快復に努めることを強いられることが多かった。ノースカロライナ出身者で大陸軍に務める者の数が劇的に減少したことに伴い、サムナーはノースカロライナ邦民兵隊の将軍となったが、メリーランド出身の大陸軍将軍ウィリアム・スモールウッドがノースカロライナ戦争委員会から民兵隊総指揮官に指名されたことに抗議して辞任した。1783年に独立戦争が終わると、シンシナティ協会のノースカロライナ支部設立に貢献し、その初代支部長になった。サムナーは広大な土地と35人の奴隷を所有していた。1785年に死んだ。
rdfs:label
  • ジェスロ・サムナー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of