Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェイムズ・ボーディン2世(英: James Bowdoin、 [ˈboʊdɪn]、1726年8月7日 - 1790年11月6日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンの政治家であり、アメリカ独立戦争の時期における知的指導者だった。1750年代から1770年代(マサチューセッツ湾直轄植民地の時代)にマサチューセッツ議会両院の議員を務めた。当初はイギリス総督を支持していたが、イギリスの植民地政策に反対するようになり、最後はアメリカの独立を提唱する影響力ある人物となった。1770年に起きたボストン虐殺事件について高度に政治的な報告書を著しており、歴史家のフランシス・ウォレットは植民地の世論を形作った最上級に影響力を持った作品だと評価していた。1775年から1777年、ボーディンはマサチューセッツ植民地会議の実行委員会議長を務め、事実上マサチューセッツ政府の長となった。1779年に州憲法を起草した憲法制定会議の議長に選ばれたが、1780年の知事選挙ではジョン・ハンコックに敗れた。1785年、ハンコックの知事辞任に続いて、第2代州知事に選ばれた。知事であった2年間は、経済状態が悪く、その政府が課した厳しい財政政策のために、シェイズの反乱と呼ばれる暴動が起きた。ボーディンは自ら資金を出して民兵隊を立ち上げ、暴動鎮圧に貢献した。反逆者に対して高飛車な態度で出たために1787年の知事選挙では落選することになり、大衆主義者のハンコックが知事に返り咲いた。ボーディンはその政治活動に加えて、科学の面でも探求に熱心であり、ベンジャミン・フランクリンと協力して、電気の研究を進めた。ロンドンの王立協会のフェローに選ばれ、アメリカ芸術科学アカデミーの創設者かつ初代会長になった。アカデミーにはその蔵書を遺贈することになった。メイン州のボーディン大学は、ボーディンの息子であるジェイムズ3世の遺贈により、名付けられた。
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3096309 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58615144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alternativeNames
  • James Bowdoin II
prop-ja:as
  • 知事代行
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • 、マサチューセッツ湾直轄植民地ボストン
prop-ja:caption
  • ジェイムズ・ボーディン2世の肖像画(ロバート・フィーク画、1748年)
prop-ja:dateOfBirth
  • August 7, 1726
prop-ja:dateOfDeath
  • November 6, 1790
prop-ja:deathDate
  • 1790-11-06 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 、マサチューセッツ州ボストン
prop-ja:name
  • Bowdoin, James
  • ジェイムズ・ボーディン
prop-ja:party
  • -
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:shortDescription
  • Massachusetts revolutionary politician and early governor
prop-ja:signature
  • James Bowdoin Signature.svg
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --05-30
prop-ja:termStart
  • --05-27
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1785 (xsd:integer)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 副知事
prop-ja:出身校
prop-ja:職名
  • 第2代マサチューセッツ州知事
prop-ja:配偶者
  • エリザベス・アービング
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジェイムズ・ボーディン2世(英: James Bowdoin、 [ˈboʊdɪn]、1726年8月7日 - 1790年11月6日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンの政治家であり、アメリカ独立戦争の時期における知的指導者だった。1750年代から1770年代(マサチューセッツ湾直轄植民地の時代)にマサチューセッツ議会両院の議員を務めた。当初はイギリス総督を支持していたが、イギリスの植民地政策に反対するようになり、最後はアメリカの独立を提唱する影響力ある人物となった。1770年に起きたボストン虐殺事件について高度に政治的な報告書を著しており、歴史家のフランシス・ウォレットは植民地の世論を形作った最上級に影響力を持った作品だと評価していた。1775年から1777年、ボーディンはマサチューセッツ植民地会議の実行委員会議長を務め、事実上マサチューセッツ政府の長となった。1779年に州憲法を起草した憲法制定会議の議長に選ばれたが、1780年の知事選挙ではジョン・ハンコックに敗れた。1785年、ハンコックの知事辞任に続いて、第2代州知事に選ばれた。知事であった2年間は、経済状態が悪く、その政府が課した厳しい財政政策のために、シェイズの反乱と呼ばれる暴動が起きた。ボーディンは自ら資金を出して民兵隊を立ち上げ、暴動鎮圧に貢献した。反逆者に対して高飛車な態度で出たために1787年の知事選挙では落選することになり、大衆主義者のハンコックが知事に返り咲いた。ボーディンはその政治活動に加えて、科学の面でも探求に熱心であり、ベンジャミン・フランクリンと協力して、電気の研究を進めた。ロンドンの王立協会のフェローに選ばれ、アメリカ芸術科学アカデミーの創設者かつ初代会長になった。アカデミーにはその蔵書を遺贈することになった。メイン州のボーディン大学は、ボーディンの息子であるジェイムズ3世の遺贈により、名付けられた。
rdfs:label
  • ジェイムズ・ボーディン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:successor of
is prop-ja:元首 of
is foaf:primaryTopic of