Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェイムズ・ボズウェル(James Boswell, 1740年10月29日 - 1795年5月19日)は、スコットランド出身の法律家、作家。伝記『サミュエル・ジョンソン伝』で知られる。エディンバラ生まれ、父は裁判官であった。グラスゴーで法律を学んだ(アダム・スミスの教えを受けた)。1763年、ロンドンで英語辞典の編纂で高名なサミュエル・ジョンソンに初めて出会い、以後交友を結んだ。1763-1766年にかけてグランドツアーに出かけ、その詳細な記録を残している。オランダのライデン大学で真面目に学び、次いでドイツ、スイス(ジュネーヴに亡命中のヴォルテールを訪れた)などを回ったが、イタリアでは羽目を外して放蕩にふけった。1766年以降、エディンバラで弁護士業を行うが、本業では大した業績はない。1768年、『コルシカ島記』(Account of Corsica)で文名を上げた。1769年に結婚し、家庭を持つが、酒とギャンブルにおぼれる自堕落な生活を送った。1782年に父が死去し、オーキンレック(Auchinleck)の領主となった。この間サミュエル・ジョンソンに親しく師事し、ジョンソン死去(1784年)の後、伝記の執筆を依頼された。1786年、ロンドンに移住し、弁護士業で成功しようとするがうまくゆかず失意の日々であった。ジョンソン伝執筆に心血を注ぎ、1791年に刊行した。抜群の記憶力で師の言動を詳細に記録し、また関係者への綿密な調査を経て書き上げたものであり、英語で"Boswellian"(ボズウェル流)は「細大漏らさずに書く」を意味するほどである。本書はイギリス人にとっての必読書といわれ、伝記文学の傑作と評価されている。20世紀になってボズウェルの膨大な日記が発見され、日記文学としても注目された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 485255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2536 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55892610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジェイムズ・ボズウェル(James Boswell, 1740年10月29日 - 1795年5月19日)は、スコットランド出身の法律家、作家。伝記『サミュエル・ジョンソン伝』で知られる。エディンバラ生まれ、父は裁判官であった。グラスゴーで法律を学んだ(アダム・スミスの教えを受けた)。1763年、ロンドンで英語辞典の編纂で高名なサミュエル・ジョンソンに初めて出会い、以後交友を結んだ。1763-1766年にかけてグランドツアーに出かけ、その詳細な記録を残している。オランダのライデン大学で真面目に学び、次いでドイツ、スイス(ジュネーヴに亡命中のヴォルテールを訪れた)などを回ったが、イタリアでは羽目を外して放蕩にふけった。1766年以降、エディンバラで弁護士業を行うが、本業では大した業績はない。1768年、『コルシカ島記』(Account of Corsica)で文名を上げた。1769年に結婚し、家庭を持つが、酒とギャンブルにおぼれる自堕落な生活を送った。1782年に父が死去し、オーキンレック(Auchinleck)の領主となった。この間サミュエル・ジョンソンに親しく師事し、ジョンソン死去(1784年)の後、伝記の執筆を依頼された。1786年、ロンドンに移住し、弁護士業で成功しようとするがうまくゆかず失意の日々であった。ジョンソン伝執筆に心血を注ぎ、1791年に刊行した。抜群の記憶力で師の言動を詳細に記録し、また関係者への綿密な調査を経て書き上げたものであり、英語で"Boswellian"(ボズウェル流)は「細大漏らさずに書く」を意味するほどである。本書はイギリス人にとっての必読書といわれ、伝記文学の傑作と評価されている。20世紀になってボズウェルの膨大な日記が発見され、日記文学としても注目された。
rdfs:label
  • ジェイムズ・ボズウェル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of