Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • サー・ジェイムズ・デュワー(Sir James Dewar, 1842年9月20日 - 1923年3月27日)は、イギリスの化学者・物理学者。液体酸素が磁性を持つことの発見、水素の液化と固化の成功など低温物理学の分野で先駆的な研究を行った。また魔法瓶(デュワー瓶)や、コルダイト火薬(無煙火薬の一種)を発明した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 158429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57340691 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --12-11
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1923年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • サー・ジェイムズ・デュワー(Sir James Dewar, 1842年9月20日 - 1923年3月27日)は、イギリスの化学者・物理学者。液体酸素が磁性を持つことの発見、水素の液化と固化の成功など低温物理学の分野で先駆的な研究を行った。また魔法瓶(デュワー瓶)や、コルダイト火薬(無煙火薬の一種)を発明した。
rdfs:label
  • ジェイムズ・デュワー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of