Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス(James Augustine Aloysius Joyce 1882年2月2日 – 1941年1月13日)は、20世紀の最も重要な作家の1人と評価されるアイルランド出身の小説家、詩人。画期的な小説『ユリシーズ』(1922年)が最もよく知られており、他の主要作品には短編集『ダブリン市民』(1914年)、『若き芸術家の肖像』(1916年)、『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)などがある。ジョイスは青年期以降の生涯の大半を国外で費やしているが、ジョイスのすべての小説の舞台やその主題の多くがアイルランドでの経験を基礎においている。彼の作品世界はダブリンに根差しており、家庭生活や学生時代のできごとや友人(および敵)が反映されている。そのため、英語圏のあらゆる偉大なモダニストのうちでも、ジョイスは最もコスモポリタン的であると同時に最もローカルな作家という特異な位置を占めることとなった。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1882-02-02 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthName
  • ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1941-01-13 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 57386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58807795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • no
prop-ja:b
  • no
prop-ja:birthDate
  • 1882-02-02 (xsd:date)
prop-ja:birthName
  • ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス
prop-ja:birthPlace
  • ダブリン ラスガー
prop-ja:caption
  • チューリッヒでのジョイス(1918年頃)
prop-ja:commons
  • James Joyce
prop-ja:deathDate
  • 1941-01-13 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • チューリッヒ
prop-ja:movement
prop-ja:n
  • no
prop-ja:name
  • ジェイムズ・ジョイス
  • James Augustine Aloysius Joyce
prop-ja:notableWorks
  • 『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)
  • 『ユリシーズ』(1922年)
  • 『若き芸術家の肖像』(1916年)
prop-ja:occupation
prop-ja:q
  • en:James Joyce
prop-ja:s
  • en:Author:James Joyce
prop-ja:signature
  • James Joyce signature.svg
prop-ja:species
  • no
prop-ja:v
  • no
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikt
  • no
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス(James Augustine Aloysius Joyce 1882年2月2日 – 1941年1月13日)は、20世紀の最も重要な作家の1人と評価されるアイルランド出身の小説家、詩人。画期的な小説『ユリシーズ』(1922年)が最もよく知られており、他の主要作品には短編集『ダブリン市民』(1914年)、『若き芸術家の肖像』(1916年)、『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)などがある。ジョイスは青年期以降の生涯の大半を国外で費やしているが、ジョイスのすべての小説の舞台やその主題の多くがアイルランドでの経験を基礎においている。彼の作品世界はダブリンに根差しており、家庭生活や学生時代のできごとや友人(および敵)が反映されている。そのため、英語圏のあらゆる偉大なモダニストのうちでも、ジョイスは最もコスモポリタン的であると同時に最もローカルな作家という特異な位置を占めることとなった。
rdfs:label
  • ジェイムズ・ジョイス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジェイムズ・ジョイス
  • James Augustine Aloysius Joyce
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of