Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェイムズ・サリバン(英: James Sullivan、1744年4月22日 - 1808年12月10日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州の弁護士、政治家である。マサチューセッツ州最高司法裁判所初期の陪席判事であり、長年州検事総長を務め、1807年から死亡した1808年12月までマサチューセッツ州知事だった。サリバンはメイン州バーウィック(当時はマサチューセッツ湾直轄植民地)で生まれ育ち、兄のジョンと共に法律を勉強した。法律実務を行って成功した後、アメリカ独立戦争の時にはマサチューセッツ政府と積極的に関わるようになり、1776年にはマサチューセッツ邦の最高裁判所判事に指名された。州憲法起草に関与し、アメリカ合衆国憲法批准のための州会議に参加した。1782年に判事を辞した後は法律実務に戻り、その後の1790年にマサチューセッツ州検事総長に指名された。判事や検事総長を務めた間に、イギリス支配の時代から独立アメリカへの移行の一部として州法の起草と改定を担当した。検事総長時代にメイン州とカナダのニューブランズウィック州の国境確定を行った委員会で働き、また人目を引いた殺人事件数件を担当した。サリバンは党派の活動家であり、民主共和党を支持し、ジェファーソンの共和政理想主義に傾倒した。その政治的経歴の中でジョン・ハンコックとサミュエル・アダムズを支持し、州内の新聞での政治的対話では、多くの仮名の下に寄稿することが多かった。州知事に何度か挑戦したが、1807年にやっと当選した。しかしその2期目(2年目)中に死亡した。サリバンは政治に関わったことに加え、慈善と事業にも関わった。ミドルセックス運河、ボストンとケンブリッジの間で最初の橋の指導的推進者であり、ボストン初の公共上水道開発では提案者だった。マサチューセッツ歴史協会の設立会長であり、その他の慈善組織では様々な会員だった。出身地のメインについて最初期の歴史書を執筆し、土地の権利について法律書を書いた。法学歴史家のチャールズ・ウォーレンは、サリバンが当時のマサチューセッツで最上級に重要な法律面の人物だったとしている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3083688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56742544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:as
  • 州知事代行
prop-ja:birthPlace
prop-ja:caption
  • ジェイムズ・サリバンの肖像画、ギルバート・ステュアート画
prop-ja:dateOfBirth
  • April 22, 1744
prop-ja:dateOfDeath
  • December 10, 1808
prop-ja:deathDate
  • 1808-12-10 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • マサチューセッツ州ボストン
prop-ja:lieutenant
  • リーヴァイ・リンカーン・シニア
prop-ja:name
  • James Sullivan
  • Sullivan, James
  • ジェイムズ・サリバン
prop-ja:nationality
  • アメリカ合衆国
prop-ja:office
  • マサチューセッツ州検事総長
  • マサチューセッツ州知事
prop-ja:order
  • 第2代
  • 第7代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:shortDescription
  • Massachusetts lawyer, politician, and governor
prop-ja:signature
  • JamesSullivanSignature.png
prop-ja:spouse
  • メヒタブル・オディオーン マーサ・ラングドン
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1807 (xsd:integer)
  • --12-10
prop-ja:termStart
  • 1790 (xsd:integer)
  • --05-29
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1776 (xsd:integer)
  • 1790 (xsd:integer)
  • --05-29
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジェイムズ・サリバン(英: James Sullivan、1744年4月22日 - 1808年12月10日)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州の弁護士、政治家である。マサチューセッツ州最高司法裁判所初期の陪席判事であり、長年州検事総長を務め、1807年から死亡した1808年12月までマサチューセッツ州知事だった。サリバンはメイン州バーウィック(当時はマサチューセッツ湾直轄植民地)で生まれ育ち、兄のジョンと共に法律を勉強した。法律実務を行って成功した後、アメリカ独立戦争の時にはマサチューセッツ政府と積極的に関わるようになり、1776年にはマサチューセッツ邦の最高裁判所判事に指名された。州憲法起草に関与し、アメリカ合衆国憲法批准のための州会議に参加した。1782年に判事を辞した後は法律実務に戻り、その後の1790年にマサチューセッツ州検事総長に指名された。判事や検事総長を務めた間に、イギリス支配の時代から独立アメリカへの移行の一部として州法の起草と改定を担当した。検事総長時代にメイン州とカナダのニューブランズウィック州の国境確定を行った委員会で働き、また人目を引いた殺人事件数件を担当した。サリバンは党派の活動家であり、民主共和党を支持し、ジェファーソンの共和政理想主義に傾倒した。その政治的経歴の中でジョン・ハンコックとサミュエル・アダムズを支持し、州内の新聞での政治的対話では、多くの仮名の下に寄稿することが多かった。州知事に何度か挑戦したが、1807年にやっと当選した。しかしその2期目(2年目)中に死亡した。サリバンは政治に関わったことに加え、慈善と事業にも関わった。ミドルセックス運河、ボストンとケンブリッジの間で最初の橋の指導的推進者であり、ボストン初の公共上水道開発では提案者だった。マサチューセッツ歴史協会の設立会長であり、その他の慈善組織では様々な会員だった。出身地のメインについて最初期の歴史書を執筆し、土地の権利について法律書を書いた。法学歴史家のチャールズ・ウォーレンは、サリバンが当時のマサチューセッツで最上級に重要な法律面の人物だったとしている。
rdfs:label
  • ジェイムズ・サリバン (州知事)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of