Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジアゼパム(英語: Diazepam)とは、主に抗不安薬、抗けいれん薬、催眠鎮静薬として用いられる、ベンゾジアゼピン系の化合物である。筋弛緩作用もある。アルコールの離脱や、ベンゾジアゼピン離脱症候群の管理にも用いられる。ジアゼパムは、広く用いられる標準的なベンゾジアゼピン系の一つで、世界保健機関 (WHO) による必須医薬品の一覧に加えられている。また広く乱用される薬物であり、1971年の国際条約である向精神薬に関する条約のスケジュールIVに指定され、日本では処方せん医薬品の扱いである。処方・入手は医師の処方箋に限られる。日本での代替医薬品でない商品には、武田薬品工業のセルシンやアステラス製薬のホリゾンがあり、他に各種の後発医薬品が利用可能である。アメリカ合衆国での商品名としてValium、Seduxenなどがある。化学的には、1,4-ベンゾジアゼピン誘導体で、1950年代にレオ・スターンバックによって合成された。1960年代に広く用いられることとなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 392273 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24326 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58951426 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • N05
prop-ja:atcSuffix
  • BA01
prop-ja:bioavailability
  • 93.0
prop-ja:c
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 439 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 2908 (xsd:integer)
prop-ja:cl
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • APRD00642
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
prop-ja:h
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Diazepam-from-xtal-3D-balls.png
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • AAOVKJBEBIDNHE-UHFFFAOYAM
prop-ja:iupacName
  • 5 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D00293
prop-ja:legalAu
  • S4
prop-ja:legalCa
  • Schedule IV
prop-ja:legalStatus
  • Schedule IV
prop-ja:legalUs
  • Schedule IV
prop-ja:metabolism
prop-ja:molarRefractivity
  • 80.910000 (xsd:double)
prop-ja:molecularWeight
  • 284.700000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • C
prop-ja:pregnancyUs
  • D
prop-ja:pubchem
  • 3016 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口、経静脈、筋肉注射、坐剤
prop-ja:smiles
  • Clc3cc\1ccc3
prop-ja:width
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジアゼパム(英語: Diazepam)とは、主に抗不安薬、抗けいれん薬、催眠鎮静薬として用いられる、ベンゾジアゼピン系の化合物である。筋弛緩作用もある。アルコールの離脱や、ベンゾジアゼピン離脱症候群の管理にも用いられる。ジアゼパムは、広く用いられる標準的なベンゾジアゼピン系の一つで、世界保健機関 (WHO) による必須医薬品の一覧に加えられている。また広く乱用される薬物であり、1971年の国際条約である向精神薬に関する条約のスケジュールIVに指定され、日本では処方せん医薬品の扱いである。処方・入手は医師の処方箋に限られる。日本での代替医薬品でない商品には、武田薬品工業のセルシンやアステラス製薬のホリゾンがあり、他に各種の後発医薬品が利用可能である。アメリカ合衆国での商品名としてValium、Seduxenなどがある。化学的には、1,4-ベンゾジアゼピン誘導体で、1950年代にレオ・スターンバックによって合成された。1960年代に広く用いられることとなった。
rdfs:label
  • ジアゼパム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of