Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シンポート(Symport)は、細胞膜などのリン脂質膜にある膜内在性タンパク質(integral membrane protein)を介して、複数の分子またはイオンを同方向に輸送する機構である。共輸送ともいい、シンポートを行う膜タンパク質をシンポーター(共輸送体)という。典型的なシンポートとして、一つのイオンが濃度勾配によってシンポーターを通過する際のエネルギーを利用して、別の分子を濃度勾配に逆らって能動輸送をするという機構がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1867436 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 885 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58911818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シンポート(Symport)は、細胞膜などのリン脂質膜にある膜内在性タンパク質(integral membrane protein)を介して、複数の分子またはイオンを同方向に輸送する機構である。共輸送ともいい、シンポートを行う膜タンパク質をシンポーター(共輸送体)という。典型的なシンポートとして、一つのイオンが濃度勾配によってシンポーターを通過する際のエネルギーを利用して、別の分子を濃度勾配に逆らって能動輸送をするという機構がある。
rdfs:label
  • シンポート
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of