Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シロシビンあるいはサイロシビン(Psilocybin、4-ホスホリルオキシ-N,N-ジメチルトリプタミン)は、シビレタケ属やヒカゲタケ属といったハラタケ目のキノコに含まれるインドールアルカロイドの一種。強い催幻覚性作用を有する。菌内で共存しているシロシン(サイロシン)(Psilocin、化学式:C12H16N2O)のリン酸エステルで、シロシビンが加水分解されるとシロシンとなる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 130 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • [3-(2-dimethylaminoethyl)-1H-indol-4-yl]dihydrogen phosphate
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 416531 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58021683 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:iupac名
  • [3--1H-indol-4-yl] dihydrogen phosphate
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別称
  • インドシビン、Cy-39
prop-ja:画像
  • Psilocybin3d.png
prop-ja:画像サイズ
  • 130 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Psilocybin Structural Formulae V.1.svg
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シロシビンあるいはサイロシビン(Psilocybin、4-ホスホリルオキシ-N,N-ジメチルトリプタミン)は、シビレタケ属やヒカゲタケ属といったハラタケ目のキノコに含まれるインドールアルカロイドの一種。強い催幻覚性作用を有する。菌内で共存しているシロシン(サイロシン)(Psilocin、化学式:C12H16N2O)のリン酸エステルで、シロシビンが加水分解されるとシロシンとなる。
rdfs:label
  • シロシビン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • インドシビン、Cy-39
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of