Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シリーン(Selene、シリーニ、語源のギリシア語に近いセレネ、セレーネなどとも)は、イギリスの競走馬・繁殖牝馬。馬名の由来はギリシア神話の女神セレネより。シリーンはとても小さな馬で、体高(肩までの高さ)が僅か15.2ハンド(約154センチメートル)しかなく、そのためクラシック登録は見送られたが予想に反して活躍した。2歳時にルースメモリアル、チェヴァリーパークステークスなど11戦8勝の成績を残し、3歳時にも同じく11戦して8勝、ナッソーステークス、パークヒルステークスに勝ちコロネーションカップで2着に入った。このような優秀な成績を残したシリーンだが、本馬の功績はむしろ繁殖成績のほうが評価が大きい。イギリスクラシック三冠馬ゲインズバラとの間に残したハイペリオンは母の小柄な体格を受け継いだが、競走馬・種牡馬として活躍し、20世紀前半の名馬と評された。ハイペリオンはのちのサラブレッドに大きな影響を及ぼし、その小柄な体格も受け継がれていった。なお、ギリシア神話においてハイペリオン(ヒュペリオン)はシリーン(セレネ)の母であり、神話とは親子関係が逆転している。そのほか14頭の産駒を残し、シックルなどの重要馬を含む10頭が勝ちあがった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 479510 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51925941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
  • Vedette
prop-ja:fffm
  • Flying Duchess
prop-ja:ffm
  • St. Angela
prop-ja:ffmf
prop-ja:ffmm
  • Adeline
prop-ja:fm
prop-ja:fmf
  • Tristan
prop-ja:fmff
prop-ja:fmfm
  • Thrift
prop-ja:fmm
  • Pilgrimage
prop-ja:fmmf
  • The Palmer
prop-ja:fmmm
  • Lady Audley
prop-ja:inf
  • (セントサイモン系 / Pilgrimage3×4=18.75% Galopin3×5=15.62% Hermit4×5=9.38%)
prop-ja:jbis
  • 388664 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • Serenissima
  • 鹿毛 1913年
prop-ja:mf
  • Minoru
  • 黒鹿毛 1906年
prop-ja:mff
prop-ja:mfff
prop-ja:mffm
  • Arcadia
prop-ja:mfm
  • Mother Siegel
prop-ja:mfmf
  • Friar's Balsam
prop-ja:mfmm
  • Galopin Mare
prop-ja:mm
  • Gondolette
  • 鹿毛毛 1902年
prop-ja:mmf
  • Loved One
prop-ja:mmff
  • See Saw
prop-ja:mmfm
  • Pilgrimage
prop-ja:mmm
  • Dongola
prop-ja:mmmf
prop-ja:mmmm
  • Douranee F-No.6-e
prop-ja:name
  • シリーン
prop-ja:netkeiba
  • 86400.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • 第17代ダービー伯爵
prop-ja:
  • シリーン
prop-ja:
prop-ja:
  • 1942 (xsd:integer)
prop-ja:
  • セレニシマ
prop-ja:
prop-ja:
  • 1919 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:調
  • ジョージ・ランプタン
prop-ja:
  • 14386 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シリーン(Selene、シリーニ、語源のギリシア語に近いセレネ、セレーネなどとも)は、イギリスの競走馬・繁殖牝馬。馬名の由来はギリシア神話の女神セレネより。シリーンはとても小さな馬で、体高(肩までの高さ)が僅か15.2ハンド(約154センチメートル)しかなく、そのためクラシック登録は見送られたが予想に反して活躍した。2歳時にルースメモリアル、チェヴァリーパークステークスなど11戦8勝の成績を残し、3歳時にも同じく11戦して8勝、ナッソーステークス、パークヒルステークスに勝ちコロネーションカップで2着に入った。このような優秀な成績を残したシリーンだが、本馬の功績はむしろ繁殖成績のほうが評価が大きい。イギリスクラシック三冠馬ゲインズバラとの間に残したハイペリオンは母の小柄な体格を受け継いだが、競走馬・種牡馬として活躍し、20世紀前半の名馬と評された。ハイペリオンはのちのサラブレッドに大きな影響を及ぼし、その小柄な体格も受け継がれていった。なお、ギリシア神話においてハイペリオン(ヒュペリオン)はシリーン(セレネ)の母であり、神話とは親子関係が逆転している。そのほか14頭の産駒を残し、シックルなどの重要馬を含む10頭が勝ちあがった。
rdfs:label
  • シリーン (1919年生)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fffm of
is prop-ja:ffm of
is prop-ja:ffmm of
is prop-ja:fm of
is prop-ja:fmfm of
is prop-ja:fmm of
is prop-ja:m of
is prop-ja:mffm of
is prop-ja:mfm of
is prop-ja:mm of
is prop-ja:mmfm of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of