Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シラー(Syrah)は、フランスのコート・デュ・ローヌ地方(以下「ローヌ」と略)を原産地とする赤ワイン用ブドウ品種である。ローヌは、ボルドー、ブルゴーニュと並び、フランスワインの御三家の一つであるが、そのローヌでも、高級なワインが多い、北部地方で主として栽培されているのが、シラーである。南フランスの、焼け付くような強い日差しを浴びて作られるワインは、チョコレートのような、あるいはゴムが少し焦げたような甘く香ばしい香りを持ち、色は濃赤色で、アルコール度数の高い、男性的な力強さとこくのあるワインになる。フランス国内では、ほかに、ローヌと気候が似ているラングドック=ルシヨン地域圏でセパージュワインの一つとして作られている。フランス以外では、他の欧州地域、アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、アメリカ合衆国などでも栽培されているが、この品種が多く作られているのはオーストラリアである。オーストラリアでは、Shiraz(シラーズ)と呼ばれ、これだけで作られる場合もあるが、カベルネ・ソーヴィニョン種のブドウとの混醸で日本では「シラカベ」と通称されるワインとして作られることが多い。イランのシーラーズという町でもこの種のワインが生産されており、元々イラン原産で後にローヌに持ち込まれたという説があるが、詳細には諸説ある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1033285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48862645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シラー(Syrah)は、フランスのコート・デュ・ローヌ地方(以下「ローヌ」と略)を原産地とする赤ワイン用ブドウ品種である。ローヌは、ボルドー、ブルゴーニュと並び、フランスワインの御三家の一つであるが、そのローヌでも、高級なワインが多い、北部地方で主として栽培されているのが、シラーである。南フランスの、焼け付くような強い日差しを浴びて作られるワインは、チョコレートのような、あるいはゴムが少し焦げたような甘く香ばしい香りを持ち、色は濃赤色で、アルコール度数の高い、男性的な力強さとこくのあるワインになる。フランス国内では、ほかに、ローヌと気候が似ているラングドック=ルシヨン地域圏でセパージュワインの一つとして作られている。フランス以外では、他の欧州地域、アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、アメリカ合衆国などでも栽培されているが、この品種が多く作られているのはオーストラリアである。オーストラリアでは、Shiraz(シラーズ)と呼ばれ、これだけで作られる場合もあるが、カベルネ・ソーヴィニョン種のブドウとの混醸で日本では「シラカベ」と通称されるワインとして作られることが多い。イランのシーラーズという町でもこの種のワインが生産されており、元々イラン原産で後にローヌに持ち込まれたという説があるが、詳細には諸説ある。
rdfs:label
  • シラー (ブドウ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:grapes of
is foaf:primaryTopic of