シラス/白砂/白州(しらす)とは、日本の九州南部一帯に厚い地層として分布する細粒の軽石や火山灰である。言語学的には漢字表記が見出し語にされることもあるが、慣習的に「シラス」と片仮名表記することが多い。 新生代新第三紀鮮新世から第四紀更新世にかけての火山活動による噴出物であるが、地質学においてはこのうち特に入戸火砕流による堆積物を指す。古くは白い砂を意味する一般的な言葉であり、現代でも東北地方においてはこの意味で使われる。

Property Value
dbo:abstract
  • シラス/白砂/白州(しらす)とは、日本の九州南部一帯に厚い地層として分布する細粒の軽石や火山灰である。言語学的には漢字表記が見出し語にされることもあるが、慣習的に「シラス」と片仮名表記することが多い。 新生代新第三紀鮮新世から第四紀更新世にかけての火山活動による噴出物であるが、地質学においてはこのうち特に入戸火砕流による堆積物を指す。古くは白い砂を意味する一般的な言葉であり、現代でも東北地方においてはこの意味で使われる。 (ja)
  • シラス/白砂/白州(しらす)とは、日本の九州南部一帯に厚い地層として分布する細粒の軽石や火山灰である。言語学的には漢字表記が見出し語にされることもあるが、慣習的に「シラス」と片仮名表記することが多い。 新生代新第三紀鮮新世から第四紀更新世にかけての火山活動による噴出物であるが、地質学においてはこのうち特に入戸火砕流による堆積物を指す。古くは白い砂を意味する一般的な言葉であり、現代でも東北地方においてはこの意味で使われる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 128653 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5970 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79980166 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • シラス/白砂/白州(しらす)とは、日本の九州南部一帯に厚い地層として分布する細粒の軽石や火山灰である。言語学的には漢字表記が見出し語にされることもあるが、慣習的に「シラス」と片仮名表記することが多い。 新生代新第三紀鮮新世から第四紀更新世にかけての火山活動による噴出物であるが、地質学においてはこのうち特に入戸火砕流による堆積物を指す。古くは白い砂を意味する一般的な言葉であり、現代でも東北地方においてはこの意味で使われる。 (ja)
  • シラス/白砂/白州(しらす)とは、日本の九州南部一帯に厚い地層として分布する細粒の軽石や火山灰である。言語学的には漢字表記が見出し語にされることもあるが、慣習的に「シラス」と片仮名表記することが多い。 新生代新第三紀鮮新世から第四紀更新世にかけての火山活動による噴出物であるが、地質学においてはこのうち特に入戸火砕流による堆積物を指す。古くは白い砂を意味する一般的な言葉であり、現代でも東北地方においてはこの意味で使われる。 (ja)
rdfs:label
  • シラス (地質) (ja)
  • シラス (地質) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of