Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シラカシ(白樫・白橿)は、ブナ科コナラ属の常緑高木、いわゆるカシ類の一種である。学名Quercus myrsinifolia (シノニムCyclobalanopsis myrsinifolia)。 名前は、材が白色であることから。樹皮の黒さから「くろかし」の名もある。分布 : 福島県以西、朝鮮半島南部の山地に自生するが、主に関東地方の照葉樹林帯に多い。照葉樹林の構成種ではあるが、この森林帯の北限付近で多く見られる。本州南岸以南では数が少ない。樹高 : 20m樹皮 : 黒色。 葉 : 5〜12cmの長楕円形で互生し厚い。上半部の縁には鋸歯があり、上面は濃い緑色でつやがあり、下面は薄い緑。ウラジロガシのように白いわけではない。 花 : 雄花は6〜9cmの尾状花序で黄褐色、雌花は数花を上向きにつける。果実 : 堅果で、下部は殻斗に包まれる。10月頃結実。用途樹木 : 防風樹、防火樹、生垣、公園樹、街路樹、庭木。 材 : 固くて重く、弾力に富む。器具、薪。木刀。 葉 : ウラジロガシと同様の結石溶解作用があるとして、民間薬として服用される。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgreen
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 454525 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2739 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 78 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46995554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • シラカシ
prop-ja:学名
  • Quercus myrsinaefolia Blume
prop-ja:
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • シラカシ
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • シラカシ Q. myrsinifolia
prop-ja:
prop-ja:
  • lightgreen
prop-ja:
dc:description
  • シラカシ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シラカシ(白樫・白橿)は、ブナ科コナラ属の常緑高木、いわゆるカシ類の一種である。学名Quercus myrsinifolia (シノニムCyclobalanopsis myrsinifolia)。 名前は、材が白色であることから。樹皮の黒さから「くろかし」の名もある。分布 : 福島県以西、朝鮮半島南部の山地に自生するが、主に関東地方の照葉樹林帯に多い。照葉樹林の構成種ではあるが、この森林帯の北限付近で多く見られる。本州南岸以南では数が少ない。樹高 : 20m樹皮 : 黒色。 葉 : 5〜12cmの長楕円形で互生し厚い。上半部の縁には鋸歯があり、上面は濃い緑色でつやがあり、下面は薄い緑。ウラジロガシのように白いわけではない。 花 : 雄花は6〜9cmの尾状花序で黄褐色、雌花は数花を上向きにつける。果実 : 堅果で、下部は殻斗に包まれる。10月頃結実。用途樹木 : 防風樹、防火樹、生垣、公園樹、街路樹、庭木。 材 : 固くて重く、弾力に富む。器具、薪。木刀。 葉 : ウラジロガシと同様の結石溶解作用があるとして、民間薬として服用される。
rdfs:label
  • シラカシ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • シラカシ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of