シュメール(アッカド語: Šumeru; シュメール語: 𒆠𒂗𒂠 - ki-en-ĝir15)は、メソポタミア(現在のイラク・クウェート)南部を占めるバビロニアの南半分の地域、またはそこに興った最古の都市文明である。初期のメソポタミア文明とされ、チグリス川とユーフラテス川の間に栄えた。

Property Value
dbo:abstract
  • シュメール(アッカド語: Šumeru; シュメール語: 𒆠𒂗𒂠 - ki-en-ĝir15)は、メソポタミア(現在のイラク・クウェート)南部を占めるバビロニアの南半分の地域、またはそこに興った最古の都市文明である。初期のメソポタミア文明とされ、チグリス川とユーフラテス川の間に栄えた。 (ja)
  • シュメール(アッカド語: Šumeru; シュメール語: 𒆠𒂗𒂠 - ki-en-ĝir15)は、メソポタミア(現在のイラク・クウェート)南部を占めるバビロニアの南半分の地域、またはそこに興った最古の都市文明である。初期のメソポタミア文明とされ、チグリス川とユーフラテス川の間に栄えた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 22697 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 20804 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80836705 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • シュメール(アッカド語: Šumeru; シュメール語: 𒆠𒂗𒂠 - ki-en-ĝir15)は、メソポタミア(現在のイラク・クウェート)南部を占めるバビロニアの南半分の地域、またはそこに興った最古の都市文明である。初期のメソポタミア文明とされ、チグリス川とユーフラテス川の間に栄えた。 (ja)
  • シュメール(アッカド語: Šumeru; シュメール語: 𒆠𒂗𒂠 - ki-en-ĝir15)は、メソポタミア(現在のイラク・クウェート)南部を占めるバビロニアの南半分の地域、またはそこに興った最古の都市文明である。初期のメソポタミア文明とされ、チグリス川とユーフラテス川の間に栄えた。 (ja)
rdfs:label
  • シュメール (ja)
  • シュメール (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:spokenIn of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:period of
is prop-ja:君主号 of
is foaf:primaryTopic of