Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • SE.3130 アルエット II(Alouette II)は、フランスの元々はシュド・アビアシオン社で、後にアエロスパシアル社で製造された軽ヘリコプターである。アルエット IIは、従来の重いレシプロエンジンの替わりにガスタービンエンジンを搭載した最初の量産ヘリコプターであった。 なお、愛称に関してはアルーエト IIという表記も見られる。大部分のアルエット IIは、軍隊で観測、写真撮影、空中/洋上での救難救助、連絡と訓練任務に使用されたが、対戦車ミサイルやホーミング魚雷も搭載された。民間用ヘリコプターとしては負傷者の救助(外部に2基の担架用荷籠)、農薬散布やフライングクレーン(500kgの外部吊り下げ能力)用途に使用された。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 軽汎用ヘリコプター
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1755562 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5530 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58286931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • ル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されているアルエットII
prop-ja:分類
prop-ja:初飛行年月日
  • --03-12
prop-ja:名称
  • SE.3130 アルエットII
prop-ja:生産数
  • 1300 (xsd:integer)
prop-ja:生産開始年月日
  • 1956 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:Alouette_II_n°_01_AS_Musee_du_Bourget_P1020197.JPG
prop-ja:製造者
prop-ja:運用者
prop-ja:運用開始年月日
  • --05-02
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • SE.3130 アルエット II(Alouette II)は、フランスの元々はシュド・アビアシオン社で、後にアエロスパシアル社で製造された軽ヘリコプターである。アルエット IIは、従来の重いレシプロエンジンの替わりにガスタービンエンジンを搭載した最初の量産ヘリコプターであった。 なお、愛称に関してはアルーエト IIという表記も見られる。大部分のアルエット IIは、軍隊で観測、写真撮影、空中/洋上での救難救助、連絡と訓練任務に使用されたが、対戦車ミサイルやホーミング魚雷も搭載された。民間用ヘリコプターとしては負傷者の救助(外部に2基の担架用荷籠)、農薬散布やフライングクレーン(500kgの外部吊り下げ能力)用途に使用された。
rdfs:label
  • シュド・エスト SE.3130
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • SE.3130 アルエットII
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aircraftTransport of
is foaf:primaryTopic of