Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シュザンヌ・ヴァラドン(Suzanne Valadon, 1865年9月23日 - 1938年4月7日)はフランス、モンマルトルの画家。スュザンヌ(スザンヌ)・ヴァラドンとも呼ばれる。画家になる前は、著名な画家のモデルでもあった。画家モーリス・ユトリロの母である。人物をほとんど描かなかったユトリロとは対照的に、ヴァラドンの作品の主題はほとんどが人物であり、高いデッサン力に支えられた太い簡潔な線は、対象の特徴を容赦なく捉え力強い。ヴァラドンはユトリロが画家として成功するまで、息子に絵画の才能があるとは思っておらず、また息子も母から絵画を学ぶことはなかったため、互いに影響を受けることなく、独自の画風を確立している。
dbpedia-owl:birthName
  • Marie-Clementine Valadon
  • マリー=クレマンチーヌ・ヴァラドン
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 742185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58945211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthdate
  • --09-23
prop-ja:birthname
  • Marie-Clementine Valadon
  • マリー=クレマンチーヌ・ヴァラドン
prop-ja:caption
  • 若い頃のヴァラドン
prop-ja:deathdate
  • --04-07
prop-ja:field
  • 絵画
prop-ja:location
  • オート=ヴィエンヌ県ベッシーヌ=シュル=ガルタンプ
prop-ja:name
  • Suzanne Valadon
  • シュザンヌ・ヴァラドン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シュザンヌ・ヴァラドン(Suzanne Valadon, 1865年9月23日 - 1938年4月7日)はフランス、モンマルトルの画家。スュザンヌ(スザンヌ)・ヴァラドンとも呼ばれる。画家になる前は、著名な画家のモデルでもあった。画家モーリス・ユトリロの母である。人物をほとんど描かなかったユトリロとは対照的に、ヴァラドンの作品の主題はほとんどが人物であり、高いデッサン力に支えられた太い簡潔な線は、対象の特徴を容赦なく捉え力強い。ヴァラドンはユトリロが画家として成功するまで、息子に絵画の才能があるとは思っておらず、また息子も母から絵画を学ぶことはなかったため、互いに影響を受けることなく、独自の画風を確立している。
rdfs:label
  • シュザンヌ・ヴァラドン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Suzanne Valadon
  • シュザンヌ・ヴァラドン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of