Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シュウ酸(シュウさん、蓚酸、英: oxalic acid)は構造式 HOOC–COOH 、示性式 (COOH)2 で表される、もっとも単純なジカルボン酸。分子量は90.03(無水物)及び126.07(二水和物)。IUPAC命名法ではエタン二酸 (ethanedioic acid)。1776年、カール・ヴィルヘルム・シェーレによりカタバミ (oxalis) から初めて単離されたことから命名された。命名の由来にもなったように、植物に多く含まれる。漢字の「蓚」はタデ科のスイバを意味する。タデ科(他にギシギシ、イタドリなど)、カタバミ科、アカザ科(アカザ、ホウレンソウなど)の植物には水溶性シュウ酸塩(シュウ酸水素ナトリウムなど)が、サトイモ科(サトイモ、ザゼンソウ、マムシグサなど)には不溶性シュウ酸塩(シュウ酸カルシウムなど)が含まれる。とろろが肌に付くと痒みを生じるのは、シュウ酸カルシウムの針状結晶が肌に刺さって刺激を受ける為である。体内で血液中のカルシウムイオンと強く結合するため毒性があり、毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されている。還元性があるため、滴定によく使われる。また、染料原料や漂白剤としても用いられる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 120 (xsd:integer)
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • エタン二酸, ethanedioic acid(系統名)
  • シュウ酸, oxalic acid(許容慣用名)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 86425 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59185876 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Oxalic acid.png
prop-ja:imagefilel
  • Oxalic-acid-3D-balls.png
prop-ja:imagefiler
  • Oxalic-acid-3D-vdW.png
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizel
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:iupac名
  • エタン二酸, ethanedioic acid(系統名)
  • シュウ酸, oxalic acid(許容慣用名)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シュウ酸(シュウさん、蓚酸、英: oxalic acid)は構造式 HOOC–COOH 、示性式 (COOH)2 で表される、もっとも単純なジカルボン酸。分子量は90.03(無水物)及び126.07(二水和物)。IUPAC命名法ではエタン二酸 (ethanedioic acid)。1776年、カール・ヴィルヘルム・シェーレによりカタバミ (oxalis) から初めて単離されたことから命名された。命名の由来にもなったように、植物に多く含まれる。漢字の「蓚」はタデ科のスイバを意味する。タデ科(他にギシギシ、イタドリなど)、カタバミ科、アカザ科(アカザ、ホウレンソウなど)の植物には水溶性シュウ酸塩(シュウ酸水素ナトリウムなど)が、サトイモ科(サトイモ、ザゼンソウ、マムシグサなど)には不溶性シュウ酸塩(シュウ酸カルシウムなど)が含まれる。とろろが肌に付くと痒みを生じるのは、シュウ酸カルシウムの針状結晶が肌に刺さって刺激を受ける為である。体内で血液中のカルシウムイオンと強く結合するため毒性があり、毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されている。還元性があるため、滴定によく使われる。また、染料原料や漂白剤としても用いられる。
rdfs:label
  • シュウ酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of