Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャープペンシルは、黒鉛の芯を繰り出して用いる機械式筆記具である。鉛筆と異なり、本体の握り部分と芯が分離され、芯の補充が可能となっており、鉛筆の代替品として広く用いられる。また、鉛筆では書き続けると芯の先端が丸く(太く)なって細かい筆記操作がしづらくなってくるが、シャープペンシルの芯は書き続けても芯の太さは変わらない。そのため鉛筆削りを使用して削る必要がない。「シャープペンシル」という名前は、日本の商標「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」に由来するが、アメリカではそれ以前から「エバーシャープ・ペンシル (Eversharp Pencil)」という呼び名があった(これも元は商標である)。「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」は電機会社シャープの社名の語源にもなっている(詳細は後述)。口語では「シャーペン」という呼称が広く定着しており、一部に「シャープペン」、「シャープ」と呼ばれることもある。なお、アメリカでは mechanical pencil(メカニカルペンシル)、イギリスでは propelling pencil(プロペリンペンシル )と言い、また「黒鉛の芯を使う筆記具の総称」とし一括りに pencil(ペンシル)と言うこともある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 710977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59234467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cleanup
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:国際化
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シャープペンシルは、黒鉛の芯を繰り出して用いる機械式筆記具である。鉛筆と異なり、本体の握り部分と芯が分離され、芯の補充が可能となっており、鉛筆の代替品として広く用いられる。また、鉛筆では書き続けると芯の先端が丸く(太く)なって細かい筆記操作がしづらくなってくるが、シャープペンシルの芯は書き続けても芯の太さは変わらない。そのため鉛筆削りを使用して削る必要がない。「シャープペンシル」という名前は、日本の商標「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」に由来するが、アメリカではそれ以前から「エバーシャープ・ペンシル (Eversharp Pencil)」という呼び名があった(これも元は商標である)。「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」は電機会社シャープの社名の語源にもなっている(詳細は後述)。口語では「シャーペン」という呼称が広く定着しており、一部に「シャープペン」、「シャープ」と呼ばれることもある。なお、アメリカでは mechanical pencil(メカニカルペンシル)、イギリスでは propelling pencil(プロペリンペンシル )と言い、また「黒鉛の芯を使う筆記具の総称」とし一括りに pencil(ペンシル)と言うこともある。
rdfs:label
  • シャープペンシル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is prop-ja:著名な実績 of
is foaf:primaryTopic of