Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャンパン(仏: Champagne)とは、フランスのシャンパーニュ地方特産のスパークリングワインである。シャンペンやシャンパーニュとも表記される。明治初年の日本では、三変酒とも呼ばれた。かつて香港および上海では三鞭酒と当て字された。現代中国語では主に香檳酒と表記される。ドン・ペリニヨン神父が確立したと伝えられる瓶内二次発酵と、アッサンブラージュと呼ばれる様々な原酒のブレンド、さらにティラージュおよびドザージュと呼ばれるシロップの添加に大きな特徴がある。TRIPS協定の地理的表示に指定され、国際的にブランドが保護されるため、シャンパーニュ地方で生産され、決められた製法で造られたものでなければシャンパンの名称を使うことはできない。それ以外の産地、製法で製造されたものは任意の名称として、スパークリングワインと表記されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 25584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58483428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シャンパン(仏: Champagne)とは、フランスのシャンパーニュ地方特産のスパークリングワインである。シャンペンやシャンパーニュとも表記される。明治初年の日本では、三変酒とも呼ばれた。かつて香港および上海では三鞭酒と当て字された。現代中国語では主に香檳酒と表記される。ドン・ペリニヨン神父が確立したと伝えられる瓶内二次発酵と、アッサンブラージュと呼ばれる様々な原酒のブレンド、さらにティラージュおよびドザージュと呼ばれるシロップの添加に大きな特徴がある。TRIPS協定の地理的表示に指定され、国際的にブランドが保護されるため、シャンパーニュ地方で生産され、決められた製法で造られたものでなければシャンパンの名称を使うことはできない。それ以外の産地、製法で製造されたものは任意の名称として、スパークリングワインと表記されている。
rdfs:label
  • シャンパン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of