Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャルル3世・ド・ロレーヌ(Charles III de Lorraine, duc d'Elbeuf , 1620年 - 1692年5月4日)は、フランスの貴族。エルブフ公爵。エルブフ公シャルル2世とその妻カトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボンの間の長男として生まれた。母方の祖父母はフランス王アンリ4世とガブリエル・デストレである。アルクール伯フランソワ・ルイ、リルボンヌ公フランソワ・マリーの兄。三十年戦争に従軍し、叔父のアルクール伯アンリの麾下でイタリア(1641年)とピカルディー(1642年)で戦った後、コンデ公ルイ2世(大コンデ)の部下としてロクロワの戦い(1643年)、ティオンヴィルの戦い、グラヴリーヌ包囲戦(1644年)、ネルトリンゲンの戦い(1645年)に参加している。1657年にエルブフ公爵位を継承、1661年にルイ14世の親政が始まるとすぐに、以前父が務めていたピカルディーおよびアルトワの知事に任命された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2554111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1946 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50575296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シャルル3世・ド・ロレーヌ(Charles III de Lorraine, duc d'Elbeuf , 1620年 - 1692年5月4日)は、フランスの貴族。エルブフ公爵。エルブフ公シャルル2世とその妻カトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボンの間の長男として生まれた。母方の祖父母はフランス王アンリ4世とガブリエル・デストレである。アルクール伯フランソワ・ルイ、リルボンヌ公フランソワ・マリーの兄。三十年戦争に従軍し、叔父のアルクール伯アンリの麾下でイタリア(1641年)とピカルディー(1642年)で戦った後、コンデ公ルイ2世(大コンデ)の部下としてロクロワの戦い(1643年)、ティオンヴィルの戦い、グラヴリーヌ包囲戦(1644年)、ネルトリンゲンの戦い(1645年)に参加している。1657年にエルブフ公爵位を継承、1661年にルイ14世の親政が始まるとすぐに、以前父が務めていたピカルディーおよびアルトワの知事に任命された。
rdfs:label
  • シャルル3世 (エルブフ公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of