Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャルル1世(Charles Ier, 1401年 - 1456年12月4日)は、ブルボン公およびオーヴェルニュ公(1434年 - 1456年)。公位を継承したのは父ジャン1世の死後であるが、ジャン1世は1415年のアジャンクールの戦いで捕虜となったままロンドンで死去しており、実質的にはその間にすでに所領の統治を行っている。母はベリー公ジャンの娘でオーヴェルニュ女公のマリー・ド・ベリーである。百年戦争の間はフランス国王シャルル7世に対して忠実であったが、1440年に他の貴族たちとともに反乱を起こし、所領の一部を没収されている。1425年にブルゴーニュのジャン無畏公の娘アニェス(1407年 - 1476年)と結婚した。2人の間には6男5女が生まれたが、ブルボン家嫡流の男系男子は息子の代で断絶することになる。 ジャン2世(1426年 - 1488年) ブルボン公 マリー(1428年 - 1448年) ロレーヌ公ジャン2世の妃 フィリップ(1430年 - 1440年) シャルル2世(1434年 - 1488年) リヨン大司教、ブルボン公 イザベル(1436年 - 1465年) 従兄であるブルゴーニュ公シャルルの2番目の妃 ルイ(1438年 - 1482年) リエージュ司教 ピエール2世(1438年 - 1503年) ブルボン公 マルグリット(1439年 - 1483年) サヴォイア公フィリッポ2世の最初の妃、ルイーズ・ド・サヴォワの母 カトリーヌ(1440年 - 1469年) ゲルデルン公アドルフの妃 ジャンヌ(1442年 - 1493年) オランジュ公ジャン2世・ド・シャロンの妃 ジャック(1445年 - 1468年) モンパンシエ伯
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1718977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2696 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59112836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シャルル1世(Charles Ier, 1401年 - 1456年12月4日)は、ブルボン公およびオーヴェルニュ公(1434年 - 1456年)。公位を継承したのは父ジャン1世の死後であるが、ジャン1世は1415年のアジャンクールの戦いで捕虜となったままロンドンで死去しており、実質的にはその間にすでに所領の統治を行っている。母はベリー公ジャンの娘でオーヴェルニュ女公のマリー・ド・ベリーである。百年戦争の間はフランス国王シャルル7世に対して忠実であったが、1440年に他の貴族たちとともに反乱を起こし、所領の一部を没収されている。1425年にブルゴーニュのジャン無畏公の娘アニェス(1407年 - 1476年)と結婚した。2人の間には6男5女が生まれたが、ブルボン家嫡流の男系男子は息子の代で断絶することになる。 ジャン2世(1426年 - 1488年) ブルボン公 マリー(1428年 - 1448年) ロレーヌ公ジャン2世の妃 フィリップ(1430年 - 1440年) シャルル2世(1434年 - 1488年) リヨン大司教、ブルボン公 イザベル(1436年 - 1465年) 従兄であるブルゴーニュ公シャルルの2番目の妃 ルイ(1438年 - 1482年) リエージュ司教 ピエール2世(1438年 - 1503年) ブルボン公 マルグリット(1439年 - 1483年) サヴォイア公フィリッポ2世の最初の妃、ルイーズ・ド・サヴォワの母 カトリーヌ(1440年 - 1469年) ゲルデルン公アドルフの妃 ジャンヌ(1442年 - 1493年) オランジュ公ジャン2世・ド・シャロンの妃 ジャック(1445年 - 1468年) モンパンシエ伯
rdfs:label
  • シャルル1世 (ブルボン公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of