Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャチー(サンスクリット語: Śacī)は、インド神話に登場する女神。アスラ(阿修羅)の娘でインドラ(帝釈天)の妻であるため、ヒンドゥー教における別名を「インドラーニー」という。漢訳仏典では舎脂(しゃし)または舎支と音写されている。また仏教における帝釈天の人間時代における名前は憍尸迦(きょうしか)というので「憍尸迦夫人」とも称される。逆に、帝釈天を舎脂鉢低(Śacīpati、シャチーの夫)とも呼ぶ。慧苑や慧琳は「舎支」を「設施」に改めた上で月の別名とするが、月を意味するŚaśinは別語であるから、これは誤りであるとされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 626962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58421647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シャチー(サンスクリット語: Śacī)は、インド神話に登場する女神。アスラ(阿修羅)の娘でインドラ(帝釈天)の妻であるため、ヒンドゥー教における別名を「インドラーニー」という。漢訳仏典では舎脂(しゃし)または舎支と音写されている。また仏教における帝釈天の人間時代における名前は憍尸迦(きょうしか)というので「憍尸迦夫人」とも称される。逆に、帝釈天を舎脂鉢低(Śacīpati、シャチーの夫)とも呼ぶ。慧苑や慧琳は「舎支」を「設施」に改めた上で月の別名とするが、月を意味するŚaśinは別語であるから、これは誤りであるとされる。
rdfs:label
  • シャチー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of