Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)学名(Schlumbergera truncata (Haw.) Moran, 1953)とは、サボテン科シュルンベルゲラ属に属する森林性樹上着生生活をするサボテンの一種である。ブラジルリオデジャネイロ州のオルガン山脈などの高山を原産とするサボテンで、冬場(北半球ではクリスマスの時期)に開花することから「クリスマス・カクタス」と海外では呼ばれる。短日性植物で一日の日照時間が短くなってくると蕾を形成することが知られている。シャコバサボテンの種内交配園芸品種も昭和期には日本に多数存在していたが、現在はほとんどが失われてしまった。茎の節ごとに一対の突起が隆起しており、これがシャコの身体を彷彿とさせることからこの名が付いた。現在は、この原種を基にした雑種群に慣用的に「シャコバサボテン」と呼ぶことが多い。また、本種を使用して発展した現在主流の雑種群は、商品名として「デンマーク・カクタス」として普及している。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:colourName
  • lightgreen
dbpedia-owl:conservationStatus
  • ワシントン条約附属書II類
dbpedia-owl:division
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:kingdom
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:phylum
dbpedia-owl:synonym
  • Zygocactus truncatus (Haw.) K. Schum., 1890
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1656607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5486 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54305714 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:accessdate
  • 2013-12-08 (xsd:date)
prop-ja:id
  • 16430 (xsd:integer)
  • 19869 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Schlumbergera Lem.
prop-ja:status
  • ワシントン条約附属書II類
prop-ja:taxon
  • Schlumbergera Lem.
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シノニム
  • Zygocactus truncatus K. Schum., 1890
prop-ja:タイプ種
  • Schlumbergera truncata Moran, 1953
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜科
  • ハシラサボテン亜科
prop-ja:亜綱階級なし
  • コア真正双子葉類
prop-ja:分類体系
prop-ja:名称
  • シュルンベルゲラ属
prop-ja:和名
  • シャコバサボテン
prop-ja:
  • シュルンベルゲラ属
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • シャコバサボテン一品種の花
prop-ja:
  • 植物界
prop-ja:
  • ナデシコ目
prop-ja:
  • サボテン科
prop-ja:綱階級なし
  • 真正双子葉類
prop-ja:
  • lightgreen
prop-ja:英名
prop-ja:
  • 葦サボテン連
prop-ja:門階級なし
  • 被子植物
dc:description
  • シャコバサボテン一品種の花
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)学名(Schlumbergera truncata (Haw.) Moran, 1953)とは、サボテン科シュルンベルゲラ属に属する森林性樹上着生生活をするサボテンの一種である。ブラジルリオデジャネイロ州のオルガン山脈などの高山を原産とするサボテンで、冬場(北半球ではクリスマスの時期)に開花することから「クリスマス・カクタス」と海外では呼ばれる。短日性植物で一日の日照時間が短くなってくると蕾を形成することが知られている。シャコバサボテンの種内交配園芸品種も昭和期には日本に多数存在していたが、現在はほとんどが失われてしまった。茎の節ごとに一対の突起が隆起しており、これがシャコの身体を彷彿とさせることからこの名が付いた。現在は、この原種を基にした雑種群に慣用的に「シャコバサボテン」と呼ぶことが多い。また、本種を使用して発展した現在主流の雑種群は、商品名として「デンマーク・カクタス」として普及している。
rdfs:label
  • シャコバサボテン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • シャコバサボテン
  • シュルンベルゲラ属
  • Christmas Cactus
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of