Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シャクンタラー(शकुन्‍तला, Śakuntalā)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する女性。天女(アプサラス)のメーナカーと、クシャトリヤ出身の大聖ヴィシュヴァーミトラとの間に生まれたが、メーナカーは幼いシャクンタラーを川岸に捨て天界に帰ってしまった。捨てられた幼児を鳥たちが囲って守っていたところにカンヴァ仙が来て、彼女をつれ帰り養女とした。そして、鳥(シャクンタ)に守られて(ラーヤテー)いたので、シャクンタラーと名付けられた。グプタ朝(320年-550年)時代の詩人カーリダーサは、『マハーバーラタ』の挿話を7幕の戯曲として改作した『アビジュニャーナ=シャークンタラ』(अभिज्ञानशाकुन्तल Abhijñānaśākuntala 「指輪によって思い出されたシャクンタラー」(辻直四郎訳による、邦題は『シャクンタラー』、改訳版は『シャクンタラー姫』)のヒロイン。である。カーリダーサの物語では、カンヴァ仙の養女シャクンタラーと王ドゥフシャンタ(ヒンディー語: दुष्यन्त)との数奇な恋物語を描く。公用語とされはじめた時代のサンスクリット語で書かれており、サンスクリット語文学の代表作である。ヨーロッパに広く知られるようになったのは1789年、ウィリアム・ジョーンズの英訳がきっかけである。2年後にその独訳が出版されると、これが大変な反響を呼び、ゲーテにも影響を与えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 512860 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58136278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シャクンタラー(शकुन्‍तला, Śakuntalā)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』に登場する女性。天女(アプサラス)のメーナカーと、クシャトリヤ出身の大聖ヴィシュヴァーミトラとの間に生まれたが、メーナカーは幼いシャクンタラーを川岸に捨て天界に帰ってしまった。捨てられた幼児を鳥たちが囲って守っていたところにカンヴァ仙が来て、彼女をつれ帰り養女とした。そして、鳥(シャクンタ)に守られて(ラーヤテー)いたので、シャクンタラーと名付けられた。グプタ朝(320年-550年)時代の詩人カーリダーサは、『マハーバーラタ』の挿話を7幕の戯曲として改作した『アビジュニャーナ=シャークンタラ』(अभिज्ञानशाकुन्तल Abhijñānaśākuntala 「指輪によって思い出されたシャクンタラー」(辻直四郎訳による、邦題は『シャクンタラー』、改訳版は『シャクンタラー姫』)のヒロイン。である。カーリダーサの物語では、カンヴァ仙の養女シャクンタラーと王ドゥフシャンタ(ヒンディー語: दुष्यन्त)との数奇な恋物語を描く。公用語とされはじめた時代のサンスクリット語で書かれており、サンスクリット語文学の代表作である。ヨーロッパに広く知られるようになったのは1789年、ウィリアム・ジョーンズの英訳がきっかけである。2年後にその独訳が出版されると、これが大変な反響を呼び、ゲーテにも影響を与えた。
rdfs:label
  • シャクンタラー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of