シモーヌ・マチュー(Simone Mathieu, 1908年1月31日 - 1980年1月7日)は、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身の女子テニス選手。旧姓「シモン・パスマール」(Simone Passemard)というが、1925年にルネ・マチュー(René Mathieu)と結婚したため、旧姓と併用した「シモン・パスマール・マチュー」(Simone Passemard Mathieu)の名前でテニス文献や優勝記録表に記載されることも多い。主に1930年代に活躍した選手で、第2次世界大戦の開戦直前までフランスの女子テニス界を代表する存在であった。年代的には、1926年に世界最初の「プロテニス選手」になったスザンヌ・ランランの後に続くが、地元の全仏選手権で女子シングルス2勝を挙げる前に(1938年&1939年)準優勝が6度もあり、なかなか運に恵まれなかった選手でもある。

Property Value
dbo:abstract
  • シモーヌ・マチュー(Simone Mathieu, 1908年1月31日 - 1980年1月7日)は、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身の女子テニス選手。旧姓「シモン・パスマール」(Simone Passemard)というが、1925年にルネ・マチュー(René Mathieu)と結婚したため、旧姓と併用した「シモン・パスマール・マチュー」(Simone Passemard Mathieu)の名前でテニス文献や優勝記録表に記載されることも多い。主に1930年代に活躍した選手で、第2次世界大戦の開戦直前までフランスの女子テニス界を代表する存在であった。年代的には、1926年に世界最初の「プロテニス選手」になったスザンヌ・ランランの後に続くが、地元の全仏選手権で女子シングルス2勝を挙げる前に(1938年&1939年)準優勝が6度もあり、なかなか運に恵まれなかった選手でもある。 (ja)
  • シモーヌ・マチュー(Simone Mathieu, 1908年1月31日 - 1980年1月7日)は、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身の女子テニス選手。旧姓「シモン・パスマール」(Simone Passemard)というが、1925年にルネ・マチュー(René Mathieu)と結婚したため、旧姓と併用した「シモン・パスマール・マチュー」(Simone Passemard Mathieu)の名前でテニス文献や優勝記録表に記載されることも多い。主に1930年代に活躍した選手で、第2次世界大戦の開戦直前までフランスの女子テニス界を代表する存在であった。年代的には、1926年に世界最初の「プロテニス選手」になったスザンヌ・ランランの後に続くが、地元の全仏選手権で女子シングルス2勝を挙げる前に(1938年&1939年)準優勝が6度もあり、なかなか運に恵まれなかった選手でもある。 (ja)
dbo:deathDate
  • 1980-01-07 (xsd:date)
dbo:imageSize
  • 230 (xsd:integer)
dbo:nationality
dbo:wikiPageID
  • 603212 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4208 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 72980348 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • ベスト4(1930-32・34・36・37) (ja)
  • ベスト4(1930-32・34・36・37) (ja)
prop-ja:ウィンブルドンダブルス
  • 優勝(1933・34・37) (ja)
  • 優勝(1933・34・37) (ja)
prop-ja:ウィンブルドン混合ダブルス
  • 準優勝(1937) (ja)
  • 準優勝(1937) (ja)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:フルネーム(英語名)_
  • Simonne Passemard-Mathieu (ja)
  • Simonne Passemard-Mathieu (ja)
prop-ja:優勝回数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープン
  • 優勝(1938・39) (ja)
  • 優勝(1938・39) (ja)
prop-ja:全仏オープンダブルス
  • 優勝(1933・34・36-39) (ja)
  • 優勝(1933・34・36-39) (ja)
prop-ja:全仏オープン混合ダブルス
  • 優勝(1937・38) (ja)
  • 優勝(1937・38) (ja)
prop-ja:全米オープンダブルス
  • 準優勝(1938) (ja)
  • 準優勝(1938) (ja)
prop-ja:写真
  • Simonne Mathieu 1926.jpg (ja)
  • Simonne Mathieu 1926.jpg (ja)
prop-ja:写真のコメント
  • シモン・マチュー (ja)
  • シモン・マチュー (ja)
prop-ja:写真サイズ
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・ヌイイ=シュル=セーヌ (ja)
  • 同・ヌイイ=シュル=セーヌ (ja)
prop-ja:利き手
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:死没地
  • 同・パリ (ja)
  • 同・パリ (ja)
prop-ja:殿堂入り
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:没年日
  • 1980-01-07 (xsd:date)
prop-ja:混合ダブルス優勝回数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 1908-01-31 (xsd:date)
prop-ja:選手名(日本語)_
  • シモン・マチュー (ja)
  • シモン・マチュー (ja)
prop-ja:選手名(英語)_
  • Simonne Mathieu (ja)
  • Simonne Mathieu (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シモーヌ・マチュー(Simone Mathieu, 1908年1月31日 - 1980年1月7日)は、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身の女子テニス選手。旧姓「シモン・パスマール」(Simone Passemard)というが、1925年にルネ・マチュー(René Mathieu)と結婚したため、旧姓と併用した「シモン・パスマール・マチュー」(Simone Passemard Mathieu)の名前でテニス文献や優勝記録表に記載されることも多い。主に1930年代に活躍した選手で、第2次世界大戦の開戦直前までフランスの女子テニス界を代表する存在であった。年代的には、1926年に世界最初の「プロテニス選手」になったスザンヌ・ランランの後に続くが、地元の全仏選手権で女子シングルス2勝を挙げる前に(1938年&1939年)準優勝が6度もあり、なかなか運に恵まれなかった選手でもある。 (ja)
  • シモーヌ・マチュー(Simone Mathieu, 1908年1月31日 - 1980年1月7日)は、フランス・ヌイイ=シュル=セーヌ出身の女子テニス選手。旧姓「シモン・パスマール」(Simone Passemard)というが、1925年にルネ・マチュー(René Mathieu)と結婚したため、旧姓と併用した「シモン・パスマール・マチュー」(Simone Passemard Mathieu)の名前でテニス文献や優勝記録表に記載されることも多い。主に1930年代に活躍した選手で、第2次世界大戦の開戦直前までフランスの女子テニス界を代表する存在であった。年代的には、1926年に世界最初の「プロテニス選手」になったスザンヌ・ランランの後に続くが、地元の全仏選手権で女子シングルス2勝を挙げる前に(1938年&1939年)準優勝が6度もあり、なかなか運に恵まれなかった選手でもある。 (ja)
rdfs:label
  • シモーヌ・マチュー (ja)
  • シモーヌ・マチュー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Simonne Mathieu (ja)
  • シモン・マチュー (ja)
  • Simonne Mathieu (ja)
  • シモン・マチュー (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of