Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シハーブッディーン・ムハンマド(شهاب‌ الدين محمد Shihāb al-Dīn Muhammad, ? - 1206年)は、ゴール朝のガズナ政権の君主(1173年 - 1206年)。ゴール朝の宗主ギヤースッディーン・ムハンマドの弟で、兄の死んだ1202年からはゴール朝全体の君主ともなった。兄の生前からインド方面の経略をもっぱら担当し、北インドにおける史上最初のムスリム(イスラム教徒)による安定支配を樹立したシハーブッディーンは、インド史の文脈ではもっぱらムハンマド・ゴーリー(محمد غوري Muhammad Ghārī)、すなわち「ゴールのムハンマド」という名で知られている。尊称(ラカブ)はムイッズッディーン(معز الدين Mu'izz al-Dīn)とも称した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 134084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2071 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49122134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • シハーブッディーン・ムハンマド
prop-ja:在位
  • 1202 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬地
  • ジェーラム県
prop-ja:宗教
  • イスラム教スンナ派
prop-ja:死亡日
  • --03-15
prop-ja:王朝
prop-ja:画像
  • Shahabuddin Suri.jpg
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シハーブッディーン・ムハンマド(شهاب‌ الدين محمد Shihāb al-Dīn Muhammad, ? - 1206年)は、ゴール朝のガズナ政権の君主(1173年 - 1206年)。ゴール朝の宗主ギヤースッディーン・ムハンマドの弟で、兄の死んだ1202年からはゴール朝全体の君主ともなった。兄の生前からインド方面の経略をもっぱら担当し、北インドにおける史上最初のムスリム(イスラム教徒)による安定支配を樹立したシハーブッディーンは、インド史の文脈ではもっぱらムハンマド・ゴーリー(محمد غوري Muhammad Ghārī)、すなわち「ゴールのムハンマド」という名で知られている。尊称(ラカブ)はムイッズッディーン(معز الدين Mu'izz al-Dīn)とも称した。
rdfs:label
  • シハーブッディーン・ムハンマド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of