Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シナピルアルコール(Sinapyl alcohol)はケイ皮酸を経て合成される有機化合物の一つである。重要なモノリグノールで、フィトケミカルの1つでもある。生体中ではフェニルプロパノイド代謝系を通って作られ、リグニンやリグナンの前駆体となるが、被子植物(双子葉植物や単子葉植物に属する草本や木本)のみで見られ、裸子植物には含まれない。また様々なスチルベンやクマリンの誘導体を合成する原料になる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 537-33-7
dbpedia-owl:iupacName
  • 4-ヒドロキシ-3,5-ジメトキシシンナミルアルコール
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1278152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55233016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 537 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • シナピルアルコール
prop-ja:smiles
  • OC/C=C/c1ccccc1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C11H14O4
prop-ja:分子量
  • 210.226000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:構造式
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • 61 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シナピルアルコール(Sinapyl alcohol)はケイ皮酸を経て合成される有機化合物の一つである。重要なモノリグノールで、フィトケミカルの1つでもある。生体中ではフェニルプロパノイド代謝系を通って作られ、リグニンやリグナンの前駆体となるが、被子植物(双子葉植物や単子葉植物に属する草本や木本)のみで見られ、裸子植物には含まれない。また様々なスチルベンやクマリンの誘導体を合成する原料になる。
rdfs:label
  • シナピルアルコール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • シナピルアルコール
  • 4-(3-ヒドロキシ-1-プロペニル)-2,6-ジメトキシ-フェノール
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of