Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シドニウス・アポリナリス(430年11月5日 - 489年8月)は、西ローマ帝国末期の元老院議員。詩人や外交官、僧侶でもあった。シドニウスは、エリック・ゴールドバーグによれば、4世紀のガリアで、現在残っているもっとも重要な著作家であるとされている。彼は4-5世紀にかけての、著作が残る4人のガロ・ローマン貴族のうちの一人であった(他の三人は、 Ruricius、 bishop of Limoges (507年死去)、 Alcimus Ecdicius Avitus( ウィーンの僧侶 (518年死去)、そしてティキナムの僧侶、アルレスのMagnus Felix Ennodius(534年死去)である)。彼ら全員がガロ・ローマン貴族のネットワークのもとに緊密な関係にあり、そのネットワークはガリアのカトリック僧侶の間に張られていた。彼の祭日は8月21日である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3072121 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59014216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • 聖シドニウス・アポリナリス
prop-ja:崇敬する教派
prop-ja:死去年(日)_
  • 489 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
prop-ja:生誕年(日)_
  • 430 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • SidonClermont.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:記念日
  • --08-21
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シドニウス・アポリナリス(430年11月5日 - 489年8月)は、西ローマ帝国末期の元老院議員。詩人や外交官、僧侶でもあった。シドニウスは、エリック・ゴールドバーグによれば、4世紀のガリアで、現在残っているもっとも重要な著作家であるとされている。彼は4-5世紀にかけての、著作が残る4人のガロ・ローマン貴族のうちの一人であった(他の三人は、 Ruricius、 bishop of Limoges (507年死去)、 Alcimus Ecdicius Avitus( ウィーンの僧侶 (518年死去)、そしてティキナムの僧侶、アルレスのMagnus Felix Ennodius(534年死去)である)。彼ら全員がガロ・ローマン貴族のネットワークのもとに緊密な関係にあり、そのネットワークはガリアのカトリック僧侶の間に張られていた。彼の祭日は8月21日である。
rdfs:label
  • シドニウス・アポリナリス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of