Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シタデル・ラフェリエール(Citadelle Laferrière)は、ハイチ北部のラ・フェリエール山の頂に築かれた巨大な要塞である。シタデル・アンリ・クリストフ(Citadelle Henri Christophe)、あるいは単にシタデルとも呼ばれる。この巨大石造建築物は、独立してまもないハイチを旧宗主国であるフランスの侵攻から守るための要塞化の一環として、20万人もの奴隷労働者を使い、1805年から1817年に建てられた。シタデルは、その威容からハイチの国民的シンボルになっており、観光省のポスター、通貨、郵便切手などのデザインにもなっている。のみならず、この要塞は西半球最大のものであり、1982年には近隣のサン=スーシ宮殿などとともに、「シタデル、サン=スーシ城、ラミエール国立歴史公園」の名でユネスコの世界遺産に登録された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1462041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55013899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シタデル・ラフェリエール(Citadelle Laferrière)は、ハイチ北部のラ・フェリエール山の頂に築かれた巨大な要塞である。シタデル・アンリ・クリストフ(Citadelle Henri Christophe)、あるいは単にシタデルとも呼ばれる。この巨大石造建築物は、独立してまもないハイチを旧宗主国であるフランスの侵攻から守るための要塞化の一環として、20万人もの奴隷労働者を使い、1805年から1817年に建てられた。シタデルは、その威容からハイチの国民的シンボルになっており、観光省のポスター、通貨、郵便切手などのデザインにもなっている。のみならず、この要塞は西半球最大のものであり、1982年には近隣のサン=スーシ宮殿などとともに、「シタデル、サン=スーシ城、ラミエール国立歴史公園」の名でユネスコの世界遺産に登録された。
rdfs:label
  • シタデル・ラフェリエール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of