Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シス(Sith)とは、アメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズで用いられる用語の一つである。生物が創り出すエネルギーであるフォースを、ジェダイのように善の目的ではなく、自分達の私利私欲(支配欲)を達成させるために用いる銀河系の悪と恐怖の信奉者を指す。映画では一般的に「悪役」に位置づけられる。シスである者は「シス卿」 (Lord of the Sith, Sith Lord) と呼ばれる。シス卿のうち一部は「ダース (Darth)」(シスの暗黒卿 (Dark Lord of the Sith) の略)の尊称を付けて呼ばれる。シスは一般的にジェダイのように集団になって「騎士団」を構成したりはしない。後述するが基本的に「師匠(マスター)」-「弟子(アプレンティス)」の二人一組で行動する。かつてシスによる国家が存在したが、政治的には通常の帝国国家と同じであり、政治とは一線を画した集団であるジェダイ達とは異なる。シスになるためには、フォースを操るための修行が必要で、誰でもなれるというわけではない。また良心に屈せず自身の欲望を貫徹することができる精神的な解放、あからさまな権力欲、防御よりも攻撃的な性向が非常に重要である。ただし、スピンオフ作品での設定では正式なシス以外にもフォースを感知できるかどうかに関わらず、彼らの教義に感化される者もいる。中にはシスを崇める者がカルトを形成したり、単にダークサイドのフォースを扱うだけの者がシスを僭称することもあるとされる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 278050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59238654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シス(Sith)とは、アメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズで用いられる用語の一つである。生物が創り出すエネルギーであるフォースを、ジェダイのように善の目的ではなく、自分達の私利私欲(支配欲)を達成させるために用いる銀河系の悪と恐怖の信奉者を指す。映画では一般的に「悪役」に位置づけられる。シスである者は「シス卿」 (Lord of the Sith, Sith Lord) と呼ばれる。シス卿のうち一部は「ダース (Darth)」(シスの暗黒卿 (Dark Lord of the Sith) の略)の尊称を付けて呼ばれる。シスは一般的にジェダイのように集団になって「騎士団」を構成したりはしない。後述するが基本的に「師匠(マスター)」-「弟子(アプレンティス)」の二人一組で行動する。かつてシスによる国家が存在したが、政治的には通常の帝国国家と同じであり、政治とは一線を画した集団であるジェダイ達とは異なる。シスになるためには、フォースを操るための修行が必要で、誰でもなれるというわけではない。また良心に屈せず自身の欲望を貫徹することができる精神的な解放、あからさまな権力欲、防御よりも攻撃的な性向が非常に重要である。ただし、スピンオフ作品での設定では正式なシス以外にもフォースを感知できるかどうかに関わらず、彼らの教義に感化される者もいる。中にはシスを崇める者がカルトを形成したり、単にダークサイドのフォースを扱うだけの者がシスを僭称することもあるとされる。
rdfs:label
  • シス (スター・ウォーズ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:position of
is foaf:primaryTopic of