シスプラチン(cisplatin : CDDP)は白金錯体に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。シスプラチンの「シス」は、立体化学の用語のシスに由来する。錯体の中心金属は白金、配位子はアンミンと塩化物イオンであり、物質名はシス-ジアミンジクロロ白金(II)(cis-diamminedichloro-platinum(II)、cis-[PtCl2(NH3)2])である。なお、日光によって分解されるため、直射日光を避けて保存する必要があり、点滴にかかる時間を長く取る必要がある場合は点滴容器の遮光が必要となることもある。世界保健機関(WHO)の下部組織によるIARC発がん性リスク一覧のグループ2に属する。ヒトに対する発癌性の限られた証拠、動物実験での十分な証拠がある。 商品名は、ブリプラチン(ブリストル・マイヤーズ)、ランダ(日本化薬)など。白金製剤としては、ほかにカルボプラチン、ネダプラチン、オキサリプラチンがある。薬理作用を発現するのはシス型だけでトランス型は抗がん作用を示さない。

Property Value
dbo:abstract
  • シスプラチン(cisplatin : CDDP)は白金錯体に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。シスプラチンの「シス」は、立体化学の用語のシスに由来する。錯体の中心金属は白金、配位子はアンミンと塩化物イオンであり、物質名はシス-ジアミンジクロロ白金(II)(cis-diamminedichloro-platinum(II)、cis-[PtCl2(NH3)2])である。なお、日光によって分解されるため、直射日光を避けて保存する必要があり、点滴にかかる時間を長く取る必要がある場合は点滴容器の遮光が必要となることもある。世界保健機関(WHO)の下部組織によるIARC発がん性リスク一覧のグループ2に属する。ヒトに対する発癌性の限られた証拠、動物実験での十分な証拠がある。 商品名は、ブリプラチン(ブリストル・マイヤーズ)、ランダ(日本化薬)など。白金製剤としては、ほかにカルボプラチン、ネダプラチン、オキサリプラチンがある。薬理作用を発現するのはシス型だけでトランス型は抗がん作用を示さない。 (ja)
  • シスプラチン(cisplatin : CDDP)は白金錯体に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。シスプラチンの「シス」は、立体化学の用語のシスに由来する。錯体の中心金属は白金、配位子はアンミンと塩化物イオンであり、物質名はシス-ジアミンジクロロ白金(II)(cis-diamminedichloro-platinum(II)、cis-[PtCl2(NH3)2])である。なお、日光によって分解されるため、直射日光を避けて保存する必要があり、点滴にかかる時間を長く取る必要がある場合は点滴容器の遮光が必要となることもある。世界保健機関(WHO)の下部組織によるIARC発がん性リスク一覧のグループ2に属する。ヒトに対する発癌性の限られた証拠、動物実験での十分な証拠がある。 商品名は、ブリプラチン(ブリストル・マイヤーズ)、ランダ(日本化薬)など。白金製剤としては、ほかにカルボプラチン、ネダプラチン、オキサリプラチンがある。薬理作用を発現するのはシス型だけでトランス型は抗がん作用を示さない。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 97787 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7050 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78376573 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • L01 (ja)
  • L01 (ja)
prop-ja:atcSuffix
  • XA01 (ja)
  • XA01 (ja)
prop-ja:bioavailability
  • - (ja)
  • - (ja)
prop-ja:casNumber
  • 15663 (xsd:integer)
prop-ja:chemicalFormula
  • Cl2H6N2Pt (ja)
  • Cl2H6N2Pt (ja)
prop-ja:drugbank
  • APRD00359 (ja)
  • APRD00359 (ja)
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
  • 尿中 (ja)
  • 尿中 (ja)
prop-ja:image
  • Cisplatin-3D-vdW.png (ja)
  • Cisplatin-3D-vdW.png (ja)
prop-ja:iupacName
  • -Diamminedichloroplatinum (ja)
  • -Diamminedichloroplatinum (ja)
prop-ja:kegg
  • D00275 (ja)
  • D00275 (ja)
prop-ja:legalStatus
prop-ja:metabolism
  • - (ja)
  • - (ja)
prop-ja:molecularWeight
  • 300.050000 (xsd:double)
prop-ja:pregnancyCategory
  • - (ja)
  • - (ja)
prop-ja:proteinBound
  • 98 (xsd:integer)
prop-ja:pubchem
  • 84691 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
prop-ja:width
  • 134 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • シスプラチン(cisplatin : CDDP)は白金錯体に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。シスプラチンの「シス」は、立体化学の用語のシスに由来する。錯体の中心金属は白金、配位子はアンミンと塩化物イオンであり、物質名はシス-ジアミンジクロロ白金(II)(cis-diamminedichloro-platinum(II)、cis-[PtCl2(NH3)2])である。なお、日光によって分解されるため、直射日光を避けて保存する必要があり、点滴にかかる時間を長く取る必要がある場合は点滴容器の遮光が必要となることもある。世界保健機関(WHO)の下部組織によるIARC発がん性リスク一覧のグループ2に属する。ヒトに対する発癌性の限られた証拠、動物実験での十分な証拠がある。 商品名は、ブリプラチン(ブリストル・マイヤーズ)、ランダ(日本化薬)など。白金製剤としては、ほかにカルボプラチン、ネダプラチン、オキサリプラチンがある。薬理作用を発現するのはシス型だけでトランス型は抗がん作用を示さない。 (ja)
  • シスプラチン(cisplatin : CDDP)は白金錯体に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。シスプラチンの「シス」は、立体化学の用語のシスに由来する。錯体の中心金属は白金、配位子はアンミンと塩化物イオンであり、物質名はシス-ジアミンジクロロ白金(II)(cis-diamminedichloro-platinum(II)、cis-[PtCl2(NH3)2])である。なお、日光によって分解されるため、直射日光を避けて保存する必要があり、点滴にかかる時間を長く取る必要がある場合は点滴容器の遮光が必要となることもある。世界保健機関(WHO)の下部組織によるIARC発がん性リスク一覧のグループ2に属する。ヒトに対する発癌性の限られた証拠、動物実験での十分な証拠がある。 商品名は、ブリプラチン(ブリストル・マイヤーズ)、ランダ(日本化薬)など。白金製剤としては、ほかにカルボプラチン、ネダプラチン、オキサリプラチンがある。薬理作用を発現するのはシス型だけでトランス型は抗がん作用を示さない。 (ja)
rdfs:label
  • シスプラチン (ja)
  • シスプラチン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of