Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シシュパーラ(ŚiŚupāla, 梵: शिशुपाल)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』の登場人物。チェーディ国の王ダマゴーシャとヴァスデーヴァの妹シュルタデーヴァーの子。強大なマガダ国王ジャラーサンダの協力者。ヴィダルヴァ国王ビーシュマカの娘ルクミニーと婚約していたが、結婚式当日にクリシュナによって略奪された。また後にクリシュナに殺された。後世の詩人マーガはシシュパーラの死を題材に、叙事詩『シシュパーラ・ヴァダ』(シシュパーラの殺戮)を書いた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 870349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1719 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56148277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シシュパーラ(ŚiŚupāla, 梵: शिशुपाल)は、インドの叙事詩『マハーバーラタ』の登場人物。チェーディ国の王ダマゴーシャとヴァスデーヴァの妹シュルタデーヴァーの子。強大なマガダ国王ジャラーサンダの協力者。ヴィダルヴァ国王ビーシュマカの娘ルクミニーと婚約していたが、結婚式当日にクリシュナによって略奪された。また後にクリシュナに殺された。後世の詩人マーガはシシュパーラの死を題材に、叙事詩『シシュパーラ・ヴァダ』(シシュパーラの殺戮)を書いた。
rdfs:label
  • シシュパーラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of