Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シグナリングゲーム (英: signaling game, 独: Signalspiel) は,送り手 (sender, Sender) と受け手 (receiver, Empfänger) という 2 人のプレーヤーによる動学ベイジアンゲームである.送り手は,自然によって決められたあるタイプ t をもっている.送り手は自分のタイプを観察できるが,受け手は送り手のタイプを知ることができない.送り手は自分じしんのタイプを知っていることにもとづいて,可能なメッセージ (シグナル) の集合 M = {m1, m2, ..., mK} から送るメッセージを選ぶ.受け手はこのメッセージを観察できるが送り手のタイプについては観察できない.そのあと,受け手は可能な行動の集合 A = {a1, a2, ..., aL} からとる行動を選ぶ.両プレーヤーは,送り手のタイプ,送り手が選んだメッセージ,および受け手が選んだ行動に依存した利得を得る.関連のゲームにスクリーニングゲームがある.そこではシグナルにもとづいて行動を選ぶのでなく,受け手が送り手に,送り手のタイプにもとづいた提案をなし,送り手が何らかの決定権をもつ.シグナリングゲームは,趙とクレプスの 1987 年論文で導入された.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2734786 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53597137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シグナリングゲーム (英: signaling game, 独: Signalspiel) は,送り手 (sender, Sender) と受け手 (receiver, Empfänger) という 2 人のプレーヤーによる動学ベイジアンゲームである.送り手は,自然によって決められたあるタイプ t をもっている.送り手は自分のタイプを観察できるが,受け手は送り手のタイプを知ることができない.送り手は自分じしんのタイプを知っていることにもとづいて,可能なメッセージ (シグナル) の集合 M = {m1, m2, ..., mK} から送るメッセージを選ぶ.受け手はこのメッセージを観察できるが送り手のタイプについては観察できない.そのあと,受け手は可能な行動の集合 A = {a1, a2, ..., aL} からとる行動を選ぶ.両プレーヤーは,送り手のタイプ,送り手が選んだメッセージ,および受け手が選んだ行動に依存した利得を得る.関連のゲームにスクリーニングゲームがある.そこではシグナルにもとづいて行動を選ぶのでなく,受け手が送り手に,送り手のタイプにもとづいた提案をなし,送り手が何らかの決定権をもつ.シグナリングゲームは,趙とクレプスの 1987 年論文で導入された.
rdfs:label
  • シグナリングゲーム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of