Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シクロオクタテトラエン (cyclooctatetraene, C8H8) は、環状炭化水素の一つ。アヌレン類のひとつであり、[8]アヌレンとも呼ばれる。1905年にリヒャルト・ヴィルシュテッターによって初めて合成された化合物である。アセチレンをテトラヒドロフランに溶解させてシアン化ニッケルを触媒として15~25気圧に加圧し、加熱しながら重合させて得られる。通常は二重結合が全てシス型の (1Z,3Z,5Z,7Z)-シクロオクタテトラエンを指す事が多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1577673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58824952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 629 (xsd:integer)
prop-ja:iupac名
  • [8]アヌレン
  • シクロオクタ-1,3,5,7-テトラエン
prop-ja:name
  • シクロオクタテトラエン
prop-ja:smiles
  • C1=CC=CC=CC=C1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C8H8
prop-ja:分子量
  • 104.149000 (xsd:double)
prop-ja:密度
  • 0.919000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 黄色液体
prop-ja:沸点
  • 142 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 120 (xsd:integer)
  • 160 (xsd:integer)
  • all-cis体
prop-ja:
  • 液体
dcterms:subject
rdfs:comment
  • シクロオクタテトラエン (cyclooctatetraene, C8H8) は、環状炭化水素の一つ。アヌレン類のひとつであり、[8]アヌレンとも呼ばれる。1905年にリヒャルト・ヴィルシュテッターによって初めて合成された化合物である。アセチレンをテトラヒドロフランに溶解させてシアン化ニッケルを触媒として15~25気圧に加圧し、加熱しながら重合させて得られる。通常は二重結合が全てシス型の (1Z,3Z,5Z,7Z)-シクロオクタテトラエンを指す事が多い。
rdfs:label
  • シクロオクタテトラエン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of