Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • シアター・オブ・ペイン (Theatre Of Pain)は、モトリー・クルーが1985年にリリースした3rdアルバム。全米アルバムチャート最高6位。ヘヴィ・メタル然とした前作『シャウト・アット・ザ・デヴィル』に比べて音もファッションもグラム・ロックよりのポップな作品となった。バンドのリーダーであるニッキーは、当時メンバー全員が薬物中毒、アルコール中毒の問題を抱えていた状態で製作されたためあまり納得のいく作品ではないと言う発言をしている。トミー・リーがピアノを弾いたバラード「ホーム・スウィート・ホーム」、ブラウンズヴィル・ステーションのカバー「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」がシングル・カットされた。「ホーム・スウィート・ホーム」は、リンプ・ビズキットのアルバム『グレイテスト・ヒッツ』で、「ビター・スウィート・シンフォニー」(ザ・ヴァーヴのカバー)とのメドレーという形でカバーされた。1998年、2003年におけるレーベル移籍の際にボーナストラック、エンハンスド・ビデオトラックが追加収録された。このアルバムは前年にヴィンスが起こした交通事故で死亡したハノイ・ロックスのドラマー、ラズル (Razzle (musician)) に捧げられている。
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:certification
  • *プラチナ(アメリカ)
  • *プラチナ(カナダ)
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:review
  • http://www.allmusic.com/album/r13515
  • http://www.rollingstone.com/artists/motleycrue/albums/album/117383/review/6211248/theatre_of_pain
dbpedia-owl:title
  • シアター・オブ・ペイン
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1700263 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3582 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56002625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:certification
  • *プラチナ(アメリカ)
  • *プラチナ(カナダ)
prop-ja:chartPosition
  • *6位(アメリカ)
  • *36位(イギリス) *11位(カナダ)
prop-ja:genre
prop-ja:label
  • エレクトラ
prop-ja:lastAlbum
prop-ja:length
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • シアター・オブ・ペイン
prop-ja:nextAlbum
prop-ja:producer
prop-ja:released
  • --06-21
prop-ja:reviews
  • *Allmusic link *Rolling Stone link
prop-ja:thisAlbum
  • シアター・オブ・ペイン
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • シアター・オブ・ペイン (Theatre Of Pain)は、モトリー・クルーが1985年にリリースした3rdアルバム。全米アルバムチャート最高6位。ヘヴィ・メタル然とした前作『シャウト・アット・ザ・デヴィル』に比べて音もファッションもグラム・ロックよりのポップな作品となった。バンドのリーダーであるニッキーは、当時メンバー全員が薬物中毒、アルコール中毒の問題を抱えていた状態で製作されたためあまり納得のいく作品ではないと言う発言をしている。トミー・リーがピアノを弾いたバラード「ホーム・スウィート・ホーム」、ブラウンズヴィル・ステーションのカバー「スモーキン・イン・ザ・ボーイズ・ルーム」がシングル・カットされた。「ホーム・スウィート・ホーム」は、リンプ・ビズキットのアルバム『グレイテスト・ヒッツ』で、「ビター・スウィート・シンフォニー」(ザ・ヴァーヴのカバー)とのメドレーという形でカバーされた。1998年、2003年におけるレーベル移籍の際にボーナストラック、エンハンスド・ビデオトラックが追加収録された。このアルバムは前年にヴィンスが起こした交通事故で死亡したハノイ・ロックスのドラマー、ラズル (Razzle (musician)) に捧げられている。
rdfs:label
  • シアター・オブ・ペイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:lastAlbum of
is prop-ja:nextAlbum of
is foaf:primaryTopic of