Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザーヒル・タタール(? - 1421年)は、エジプトのブルジー・マムルーク朝の第7代スルターン(在位:1421年)。初代スルターンのバルクークからマムルーク朝に仕えた有力なマムルーク(奴隷)で、1421年に10歳のムザッファル・アフマドという幼主が即位すると、アフマドの生母と結婚して摂政となった。だが、専横が過ぎたために周囲からの反発を買って反乱が発生する。タタールは反乱を鎮圧すると、アフマドを廃して幽閉し、さらにその生母とも離婚して自らスルターンに即位した。だが、同年のうちに離婚したアフマドの生母によって暗殺されたという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2056889 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52186869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1421年没
prop-ja:出典の明記
  • --01-01
prop-ja:参照方法
  • --01-01
prop-ja:独自研究
  • --01-01
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザーヒル・タタール(? - 1421年)は、エジプトのブルジー・マムルーク朝の第7代スルターン(在位:1421年)。初代スルターンのバルクークからマムルーク朝に仕えた有力なマムルーク(奴隷)で、1421年に10歳のムザッファル・アフマドという幼主が即位すると、アフマドの生母と結婚して摂政となった。だが、専横が過ぎたために周囲からの反発を買って反乱が発生する。タタールは反乱を鎮圧すると、アフマドを廃して幽閉し、さらにその生母とも離婚して自らスルターンに即位した。だが、同年のうちに離婚したアフマドの生母によって暗殺されたという。
rdfs:label
  • ザーヒル・タタール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of