Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザ・ブリッツ(The Blitz、ロンドン大空襲)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツがイギリスに対して1940年9月7日から1941年5月10日まで行った大規模な空襲のことである。空襲がイギリス中の多くの都市や町に行われる間、ロンドンの連続57日間に及ぶ夜間空襲から始まった。1941年5月末までに43,000名以上の民間人(半分がロンドン市民)が爆撃で死亡、100万以上の家屋が損害を受けた。ロンドン市民は空襲を避け地下へ潜り込んだ。地下鉄の駅の構内が人々の避難所となった。あるロンドン市民の回想。 ロンドンだけがドイツ空軍の大規模な空襲を受けた都市ではなく、他にもバーミンガム、ブリストル、マンチェスター、ベルファスト、シェフィールド、リヴァプール、ポーツマス、プリマス、サウサンプトン、カーディフ、コヴェントリー、エクセター、スウォンジ、ノッティンガム、ブライトン、イーストボーン、クライド湾岸の都市など、多数の都市が焼き払われた。アドルフ・ヒトラーの狙いは、イギリス人と政府の士気を砕き、降伏させることであった。しかし、1941年5月までにイギリス空軍の防戦により、潜在的なイギリス侵攻の脅威を払い、ナチス・ドイツの注目は東部戦線へと移った。戦争が終結するまでドイツ空軍は、大規模な空襲には至らなかったものの、小規模な襲撃を継続し、51,509名の民間人が被害を受けた。1944年に開発されたV1飛行爆弾やV2ロケットの登場は、再びヨーロッパ大陸からロンドンを襲撃することを可能にした。これら報復兵器の攻撃で8,938名の民間人が死傷した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1856351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58017874 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザ・ブリッツ(The Blitz、ロンドン大空襲)とは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツがイギリスに対して1940年9月7日から1941年5月10日まで行った大規模な空襲のことである。空襲がイギリス中の多くの都市や町に行われる間、ロンドンの連続57日間に及ぶ夜間空襲から始まった。1941年5月末までに43,000名以上の民間人(半分がロンドン市民)が爆撃で死亡、100万以上の家屋が損害を受けた。ロンドン市民は空襲を避け地下へ潜り込んだ。地下鉄の駅の構内が人々の避難所となった。あるロンドン市民の回想。 ロンドンだけがドイツ空軍の大規模な空襲を受けた都市ではなく、他にもバーミンガム、ブリストル、マンチェスター、ベルファスト、シェフィールド、リヴァプール、ポーツマス、プリマス、サウサンプトン、カーディフ、コヴェントリー、エクセター、スウォンジ、ノッティンガム、ブライトン、イーストボーン、クライド湾岸の都市など、多数の都市が焼き払われた。アドルフ・ヒトラーの狙いは、イギリス人と政府の士気を砕き、降伏させることであった。しかし、1941年5月までにイギリス空軍の防戦により、潜在的なイギリス侵攻の脅威を払い、ナチス・ドイツの注目は東部戦線へと移った。戦争が終結するまでドイツ空軍は、大規模な空襲には至らなかったものの、小規模な襲撃を継続し、51,509名の民間人が被害を受けた。1944年に開発されたV1飛行爆弾やV2ロケットの登場は、再びヨーロッパ大陸からロンドンを襲撃することを可能にした。これら報復兵器の攻撃で8,938名の民間人が死傷した。
rdfs:label
  • ザ・ブリッツ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is foaf:primaryTopic of