Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザ・ドリフターズの映画(ザ・ドリフターズのえいが)は、日本において1967年(昭和42年)に始まり1975年(昭和50年)まで続いた、ザ・ドリフターズ主演の喜劇映画シリーズである。全部で21本製作された。松竹系は『全員集合!!』シリーズ(一部全員集合をタイトルに入れないものもある)として全16作、東宝系が『ドリフターズですよ!』シリーズとして全5作がある。松竹系の映画では中盤以降には、『男はつらいよ』シリーズとの二本立てで公開されていた。映画評論としてはハナ肇とクレージーキャッツの映画より低く見られがちではあったが、当時はかなりの人気喜劇映画であり、ハナ肇とクレージーキャッツの映画が終了した1972年(昭和47年)以降から1975年(昭和50年)までには『男はつらいよ』シリーズと共に邦画興行トップとなった。松竹版映画のみホームビデオ(VHS)で市販およびレンタルされていたが、その後ビデオディスク化はされていない。稀ではあるものの、衛星劇場などのチャンネルで放送されているので現代でも全シリーズ視聴可能である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 376122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8233 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50708918 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザ・ドリフターズの映画(ザ・ドリフターズのえいが)は、日本において1967年(昭和42年)に始まり1975年(昭和50年)まで続いた、ザ・ドリフターズ主演の喜劇映画シリーズである。全部で21本製作された。松竹系は『全員集合!!』シリーズ(一部全員集合をタイトルに入れないものもある)として全16作、東宝系が『ドリフターズですよ!』シリーズとして全5作がある。松竹系の映画では中盤以降には、『男はつらいよ』シリーズとの二本立てで公開されていた。映画評論としてはハナ肇とクレージーキャッツの映画より低く見られがちではあったが、当時はかなりの人気喜劇映画であり、ハナ肇とクレージーキャッツの映画が終了した1972年(昭和47年)以降から1975年(昭和50年)までには『男はつらいよ』シリーズと共に邦画興行トップとなった。松竹版映画のみホームビデオ(VHS)で市販およびレンタルされていたが、その後ビデオディスク化はされていない。稀ではあるものの、衛星劇場などのチャンネルで放送されているので現代でも全シリーズ視聴可能である。
rdfs:label
  • ザ・ドリフターズの映画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of