Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザリヤもしくはザリアとは、白系露字新聞の一つである。ナーシャ・ザリヤ(Наша Заря、ナーシャ・ザリャーとも書かれる)とシャンハイ・ザリア (Shanghai Zaria) がある。同業他社のルーコスヱ・スローヴオとルーボルの権利も約半数取得していた。ポーランド人のエム・エス・レムビッチ(M.S.Lembich。社長。ルーコスヱ・スローヴオ紙で従軍記者をしていた)、ケ・エヌ・シプコフ(編集長。臨時全ロシア政府国立出版部に勤務していた)、ミハイノフ・イヴァン・アドリアノヴィチ(元臨時全ロシア政府大蔵大臣)の共同出資によって発行された。商人のコワリスキーなどからの融資や、グリゴリー・セミョーノフからの補助金も受けていた。1925年に、シプコフとミハイノフは経営から手を引いた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3033466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57964289 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザリヤもしくはザリアとは、白系露字新聞の一つである。ナーシャ・ザリヤ(Наша Заря、ナーシャ・ザリャーとも書かれる)とシャンハイ・ザリア (Shanghai Zaria) がある。同業他社のルーコスヱ・スローヴオとルーボルの権利も約半数取得していた。ポーランド人のエム・エス・レムビッチ(M.S.Lembich。社長。ルーコスヱ・スローヴオ紙で従軍記者をしていた)、ケ・エヌ・シプコフ(編集長。臨時全ロシア政府国立出版部に勤務していた)、ミハイノフ・イヴァン・アドリアノヴィチ(元臨時全ロシア政府大蔵大臣)の共同出資によって発行された。商人のコワリスキーなどからの融資や、グリゴリー・セミョーノフからの補助金も受けていた。1925年に、シプコフとミハイノフは経営から手を引いた。
rdfs:label
  • ザリヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of