Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ザラフシャン川(Zeravshan River 、ペルシア語:زر افشان、タジク語: Дарёи Зарафшон、ウズベク語: Zarafshon)は、中央アジアを流れる川。ザラフシャンは、ペルシア語で「黄金の水しぶき」の意味で、上流で砂金が取れることに由来する。古代ギリシアではPolytimetusの名で知られていた。以前はソグド川とも呼ばれた。タジキスタンのパミール高原周縁部に発し、西へおよそ300km流れた後で、パンジケントを通りウズベキスタンに入る。そこで西北西に流れを変え、サマルカンドを流れナヴァーイー州の州都・ナヴァーイーの北西地点で、南西方向に転じてブハラに達する。カラクルを過ぎて砂漠の中で消える。現在はアムダリヤ川に達しておらず、アムダリヤ川の支流ではない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1915711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 836 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49864419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ザラフシャン川(Zeravshan River 、ペルシア語:زر افشان、タジク語: Дарёи Зарафшон、ウズベク語: Zarafshon)は、中央アジアを流れる川。ザラフシャンは、ペルシア語で「黄金の水しぶき」の意味で、上流で砂金が取れることに由来する。古代ギリシアではPolytimetusの名で知られていた。以前はソグド川とも呼ばれた。タジキスタンのパミール高原周縁部に発し、西へおよそ300km流れた後で、パンジケントを通りウズベキスタンに入る。そこで西北西に流れを変え、サマルカンドを流れナヴァーイー州の州都・ナヴァーイーの北西地点で、南西方向に転じてブハラに達する。カラクルを過ぎて砂漠の中で消える。現在はアムダリヤ川に達しておらず、アムダリヤ川の支流ではない。
rdfs:label
  • ザラフシャン川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of